身だしなみとおしゃれは違う

「身だしなみ」とは、人に不快感を与えないために、服装や着こなしに配慮すること。自分の好みや流行を取り入れ、自分のために楽しむ「おしゃれ」とは違うよ。

「身だしなみ」は、第一印象を左右する要素のひとつだから、高価なものを身に着けることより、季節や場所、自分の立場や役割にふさわしい服装を選び、見た目を整え、相手に清潔な印象を与えることが大事。衣服がほつれていたり、靴が汚れていたり、爪が伸びていたりして、だらしない印象を与えないように気をつけようね。

身だしなみとおしゃれは違う

清潔感のある身だしなみのポイント

  • ・衣服に汚れやシミ、シワ、ほつれなどがない
  • ・衣服や靴、アクセサリーの色や柄、形が派手すぎない
  • ・靴の汚れがなく、かかとがすり減っていない
  • ・化粧が濃すぎない
  • ・肌の露出が多すぎない
  • ・香りの強い整髪料や香水は使わない
  • ・口臭や体臭がない
  • ・髪の色が極端に明るすぎない
  • ・寝癖やフケなどがない
  • ・爪が伸びすぎていない
  • ・名札などは相手にきちんと見えるように付けている
  • ・ポケットに必要以上に物を入れない