介護サービスを必要とされるお年寄りのご自宅を訪問し、食事介助・入浴介助・排泄介助・通院介助などの身体介護、調理・買い物・掃除・洗濯などの生活援助を通じて、日々の暮らしを安全かつ快適に送れるようにサポートします。ご本人やその家族に対する精神的なケアのほか、ご家族に対し、介護技術の指導を行うことも重要な仕事のひとつ。また、医師や看護師、ケアマネージャーなどの専門職との連携も欠かせません。

一日の仕事の流れ

ホームヘルパーによって、一日の訪問数や、訪問先で介護にあたる時間、働き方などが異なります。ここでは代表的な仕事の流れをご紹介します。

非常勤スタッフの例

※これは一例です。訪問宅によって異なります。
7:30~ 子どもの見送り・家事
9:00~ Yさん宅訪問(30分)
10:00~ いったん自宅へ戻り家事
12:00~ Hさん宅訪問(1時間)
13:15~ 事務所に立ち寄り連絡事項、シフト確認
14:00~ Kさん宅訪問(1時間)
15:15 帰宅
16:00 子どもの迎え・家事

ホームヘルパーへの道のり

未経験からはじめる場合と、資格を活かす場合とで配属までのステップはそれほど大きくは変わりません。ソラストは、未経験者が資格取得支援制度を利用できる点が大きな特徴です。

未経験からはじめる

応募

面接・採用決定

資格取得支援にて資格取得

勤務開始

資格を活かす

応募

面接・採用決定

勤務開始

求められる要件

ホームヘルパーに求められるスキルは?必要な資格は?やりがいは?そんな疑問にお応えするために、ソラストで働くホームヘルパーについて採用担当者に伺いました。

Q.どんな経験が活かせる?

介護のお仕事はサービス業であり、介護を必要とされる方やそのご家族はお客様です。したがって、業界に関係なく接客業に携わった経験は大きな強みになります。

また、一人の力ではとても介護サービスを提供することはできません。他のホームヘルパーや、所属する事業所の所長、関係機関、各専門職、ご家族などが一つのチームになり、介護を必要とされる方の生活をサポートしていきます。関係者が連携するためには、チーム内での報告、連絡、相談も欠かせません。チームでひとつの仕事を成し遂げたことがあるなら、その経験を大いに活かせるお仕事です。

とはいえ、仕事での経験がないとホームヘルパーにはなれないのかというと、そうではありません。介護を受けられる方の暮らしをサポートする上では、日常生活の知恵が非常に役立ちます。長いこと専業主婦だった方も諦める必要はありません。むしろ専業主婦としての経験を必要とされる場面はたくさんあります。

Q.どんな人に向いている?

・勉強熱心である
・快活で元気がよい
・相手やシーンに応じた適切な言葉づかいができる
・人とのコミュニケーションが好き
・体を動かすことが好き
・相手を尊重し誠実に対応できる
・歌、書道、調理師免許所有など、人に誇れる特技や資格を持っている

Q.どんな資格が必要?

ホームヘルパーになるには、介護の入門資格である「介護職員初任者研修」の取得をお勧めします。ただし、ソラストでは介護のお仕事への強い関心や情熱をお持ちであれば、資格のない方でも積極的に採用しています。入社後、資格取得支援制度を利用して、働きながら資格取得を目指せます。

きらめいとVoice ~ ホームヘルパー に聞きました ~

  • 介護を受けられる方は人生の大先輩です。常に謙虚な気持ちを忘れないように心がけています。敬語を使うのが基本ですが、中には気を遣わないフランクな会話を好まれる方もいらっしゃるので、相手によって臨機応変に対応することも大切です。
    この仕事の一番の魅力は、ベテランヘルパーに教えてもらえること。研修も大事ですが、ベテランヘルパーに同行してもらうと、より実践的なスキルが身につきます。介護を必要とされている方は、日によって体調もまちまち。訪問時に、どう判断していいか戸惑い、自分の知識不足や技術不足を感じることもあります。そんな時は、 先輩ヘルパーとの同行サービスで得た知識や経験が役に立ちます。
    今後は さらにスキルを磨き、ゆくゆくはデイサービス有料老人ホームなど、他のサービスも経験してみたいと思っています。