デイサービスあるあるを調査!働く職員の仕事内容やりがい、悩みとは?

デイサービスへの就業に興味がある、あるいは今後働く予定の方は、デイサービスで働く職員の実態は気になるポイントでしょう。今回はデイサービスで働く職員の仕事内容や悩み、やりがいなどをあるあるとしてまとめています。デイサービスで働く方の実態を押さえてみてください。

デイサービスのあるある① 仕事内容編

デイサービスは介護職員をはじめ、生活相談員や看護師、機能訓練指導員などさまざまな職種の方が働いています。ここではデイサービスの特徴を踏まえて、全体における仕事内容のあるあるをご紹介します。

日常生活における介護業務を行う

デイサービスは、ご利用者様が自立的な生活を送るためのサポートや機能訓練、社会的孤立感の解消を目的とした施設です。ご利用者様の特徴は施設によってさまざまですが、介護度もそこまで重くなく、自立的な生活を望んでいる方が多いと言えます。そのためデイサービスの職員は、ご利用者様の健康状態などを確認しつつ、日常生活に必要な介助を行います。主に食事や入浴、排せつ介助など、日常の基本的な動作における介助が多いです。

機能訓練を実施する

ご利用様が基本的な動作を長く自分自身でできるようにするために、機能訓練も実施します。機能訓練は主に機能訓練指導員が計画・指導し、ご利用者様の個々の状態に合わせた訓練を行います。他職員は機能訓練指導員からの指導を受け、ご利用者様のサポートに入ります。

レクリエーションの企画・進行を行う

デイサービスでは1日のスケジュールにレクリエーションが組み込まれていることが多く、それを企画・進行するのは職員の重要な仕事。レクリエーションは娯楽だけでなく、身体・脳機能低下の改善・予防や認知症予防などの目的も兼ねて実施されます。またご、利用者様同士が交流を持つことで、社会的孤立の解消にもつながるのです。
レクリエーションは職員も楽しんでいることが、ご利用者様に伝わるようにすることが大切です。一体感を持ってレクリエーションへの参加を楽しめるよう、職員は企画・進行に工夫を加えていきます。

役職ごとの業務もこなす

デイサービスで働く職員は、さまざまな職種で就業しています。そのため基本的な介護業務に加え、それぞれ役職ごとの業務もこなしていきます。たとえば看護師であればご利用者様のバイタルチェックや医療処置、生活相談員であれば新規ご利用者様との面談や契約、運営やマネジメント業務も行います。メインで介護業務を担当するのは介護職員ですが、施設規模や状況に応じて、他の役職の職員が介護業務を兼任することもあります。

デイサービスのあるある② やりがい編

やりがいは働く上で大切なポイントです。ここではデイサービスで働く上で感じられるやりがいのあるあるをご紹介します。

感謝の声やご利用者様の笑顔が直接伝わる

デイサービスでは、どの職種の方もご利用者様と直接関わります。そのため感謝の声やご利用者様の笑顔を身近で感じられるという魅力があります。自分のしたことがその場ですぐに感謝や笑顔で返ってくるため、日々やりがいを実感できるのはデイサービスならではのことです。

使命感がある

デイサービスに通っていることで、心身の健康が保たれているご利用者様は多くいます。そのためご利用者様が快適に過ごせる居場所づくりは、デイサービスの職員に欠かせない使命です。たくさんのデイサービスがある中でも、その場所を選んでくださったご利用者様に最高のサービスを提供する使命感は、働く上で最大のやりがいです。

信頼関係を構築していく達成感が味わえる

デイサービスにおいて、ご利用者様との信頼関係を構築するのは重要である反面、難しい点でもあります。しかしコミュニケーションを重ね、生活をともにすることで信頼関係が構築されていくのを日々実感することができます。ご利用者様に名前を覚えてもらえたり、何かをする時に指名された時には、信頼を得られたという達成感が味わえます。

デイサービスのあるある③ 大変なことや悩み

デイサービスのような介護現場は多忙なだけでなく、多くの方と直接関わりを持つ現場です。そのためデイサービスならではの、大変なことや悩みごともたくさんあります。ここではデイサービスで働く上で抱えやすい、悩みごとや大変なことのあるあるをみていきます。

レクリエーションの企画・実施が大変

レクリエーションは重要なサービスですが、この点を負担に思う方も多いようです。参加者全員が楽しめるようなレクリエーションの企画や、実施時に盛り上げ役となるのが大変という声を良く耳にします。なかにはレクリエーションが引き金となって、他の職場への転職を検討する方もいらっしゃるそうです。

人間関係に悩んでしまう

職員は常にご利用者様の近くにいるため、不満やストレスをぶつけられやすいものです。そのためこの点で精神的ダメージを受けてしまう方も少なくありません。またご利用者様との人間関係だけでなく、同僚や上司との人間関係に悩む方も多くいます。雇用形態が異なる職員が多いため仕事の分担や待遇などにおける不満、また職種の異なる職員との業務分担においても不満が生じやすいようです。

給与面や待遇の不満

デイサービスは夜勤がなく、介護度の重いご利用者様がそこまで多くない点から、業務の負担は他の介護施設に比べて軽い傾向にあります。一方で、給与や待遇の面で不満が生じることも多いです。勤続年数が長いのに昇給しにくい、資格があっても手当がつかないなど、努力が報われないと感じてしまう方もいらっしゃいます。とはいえこの点は、施設によってさまざまであるため、転職により解決できる場合もあります。

デイサービスのあるある④ 選考に関するもの

デイサービスへの転職を検討している方は、選考についても気になることでしょう。ここでは志望動機や面接など、選考に関するあるあるをご紹介します。

志望動機はデイサービスを選んだ理由が重視される

志望動機は履歴書と面接どちらでも必ず聞かれる項目であり、デイサービスで働きたい意欲や熱意がアピールできる場です。ここで重視されることは、なぜ多くの介護福祉施設がある中でもデイサービスを志望しているのかという点です。

「介護のスキルを身につけたいから」のような普遍的な回答は熱意が伝わっても、デイサービスである必要がないと思われてしまう可能性があります。そのためデイサービスの役割や特徴をしっかりと理解した上で自己PRと掛け合わせ、デイサービスで果たしたいことや魅力を感じた点をアピールしましょう。

介護に対する思いを伝えよう

前提として、介護に対する思いがないとデイサービスでの仕事は果たせません。介護職を目指したきっかけやどのような点にやりがいを感じるかなど、介護に対する思いを伝えてみてください。

将来性をアピールする

採用担当者が気になるポイントは、長く働いてくれる人材であるかどうかです。介護現場は需要が高まっている反面、人手不足の傾向にあります。デイサービスも例外ではなく、就職してもすぐに辞めてしまう方も珍しくありません。そのため志望したデイサービスでキャリアアップや資格取得を目指しているなど、将来性をアピールすることも重要です。

あるあるからデイサービスへの理解を深めよう

今回は4つの観点から、デイサービスのあるあるをご紹介しました。
介護福祉施設にはさまざまな種類があり、デイサービスにも独自の役割や特性があります。今後デイサービスへの就業や転職を検討している方は、ぜひ今回のデイサービスあるあるを参考に、仕事内容や特徴への理解を深めてみてください。