福祉施設職員ってどんな職業?|給料や仕事内容、必要な心構えについて

福祉施設職員になりたい方にとって、どんな施設でどのような仕事をし、給料がどれくらいなのかは気になるポイントでしょう。今回は福祉施設職員の仕事内容や職場、給料、なる方法などを詳しくご紹介します。介護福祉業界への就職・転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

福祉施設職員とは

福祉施設職員とは、老人福祉施設や障がい者支援施設などの福祉施設で働く職員のことです。その施設の利用者によっても福祉施設職員の仕事内容は異なるため、柔軟な対応が必要とされることも多い職種であると言えます。

福祉施設職員の仕事内容

福祉施設職員は、福祉施設の利用者や入居者に対して日常生活の介助をすることが主な仕事です。大きな職種の区分でいえば、介護職にあたります。食事や入浴、排せつ等の介助、掃除や洗濯などの身の回りの世話、移動の補助や見守りなど、日常生活に寄り添ってケアを提供します。

寝たきりの高齢者や、身体に障がいがあり自立して身の回りのことができない方など、福祉施設によって要介護度や必要なサポートレベルはさまざまです。そのため1人ひとりに合わせた、柔軟かつきめ細やかなケアを求められます。

また生活する上で必要な身体介護だけでなく、レクリエーションなどの娯楽を提供し、精神面をケアすることも1つの仕事です。利用者、入居者が快適に生活できる環境づくりに努め、生きがいや喜びを提供することが福祉施設職員の役割です。

福祉施設職員の職場

福祉施設職員の勤め先となる福祉施設。ひとくちに福祉施設といってもその種類は多岐にわたります。

高齢者分野の福祉施設・サービスの例児童分野の福祉施設・サービスの例
・特別養護老人ホーム/養護老人ホーム/経費老人ホーム/老人デイサービスセンター/老人短期入所生活施設/認知症高齢者グループホーム/老人保健施設/介護療養型医療施設/居宅介護支援事業/地域包括支援センター/老人居宅介護等事業/訪問入浴サービス/訪問看護サービス など・乳児院/児童養護施設/自動自立支援施設/母子生活支援施設/助産施設/保育所/認定こども園/自動厚生施設/児童家庭支援センター/学童保育/児童発達支援/医療型児童発達支援/放課後等デイサービス/保育所等訪問支援/福祉型障害児入所施設/医療型障害児入所施設 など
障害者分野の福祉施設・サービスの例その他福祉施設・サービスの例
居宅介護/重度訪問介護/同公援護/行動援護/重度障碍者等包括支援/短期入所(ショートステイ)/療養介護/生活介護/施設入所支援/ケアホーム など更生施設/授産施設/宿所提供施設/婦人保護施設/無料定額診療施設 など

児童分野の福祉施設も含めると、そのジャンルは多様であり、介護士や保育士も福祉施設職員の一種です。そもそも福祉とは、幸福で安定した生活をつくる取り組みや仕組みのことを指します。そのため介護分野でいう福祉とは、1人では生活が困難な方をサポートし、幸福で安定した生活を提供することです。

福祉施設職員の給料|年収は高い?退職金はある?

福祉施設への就職・転職を検討している場合、給料は気になるポイントの1つでしょう。ここでは、福祉施設職員の給料について詳しくみていきます。

福祉施設職員の給料

介護分野における福祉施設職員は、雇用形態が多様かつ、職場の種類も多岐にわたる点が特徴です。そのため職種や保有資格、施設によって給料に若干のばらつきはありますが、厚生労働省の平成30年度の調査によると、福祉施設職員全体の平均給料は以下の通りです。

平均年齢(歳)平均勤続年数(年)平均給与額
月給常勤43.27.630万970円
非常勤47.07.220万9,470円
時給常勤50.56.521万3,590円
非常勤54.86.710万5,030円

介護従事者である福祉施設職員は、給料が低いとのイメージもあるでしょう。しかし近年は賃金改善も進んでおり、給料は年々増加しています。

【施設・サービス別】福祉施設職員の給料

以下は施設・サービス別にみた、福祉施設職員の給料です。

※加算(Ⅰ)〜(Ⅴ)を取得している事業所

平均年齢(歳)平均勤続年数(年)平均給与額
介護老人福祉施設常勤39.38.033万2,260円
非常勤45.110.223万9,290円
介護療養型医療施設常勤44.39.328万5,360円
非常勤
訪問介護事業所常勤48.37.329万1,930円
非常勤48.97.320万8,210円
通所介護事業所常勤43.16.126万2,900円
非常勤43.65.620万1,870円
認知症高齢者グループホーム常勤45.36.727万6,320円
非常勤49.76.618万410円

介護老人福祉施設と通所介護事業所では約7万円の差があります。施設・サービスによってご利用者さまや入居者さまの要介護度も異なり、求められるスキルや仕事の負担も違うことから、給料に差が生じているといえます。

福祉施設職員の退職金

正規福祉施設職員は多くの場合、退職金がありますが、義務ではないため企業や事業所によってその有無が異なります。退職金制度のある福祉施設に勤めたい場合は、求人の福利厚生や待遇の項目を確認してみましょう。また採用時には、雇用契約書もしっかりと確認しておくと安心です。就職後は、就業規則や給与明細を確認するか、人事労務担当者に聞くとよいでしょう。

福祉施設職員になるには

福祉施設職員として就職・転職を目指している場合、どのようにしてなればよいのでしょうか。ここでは福祉施設職員になる方法や、役立つ資格をご紹介します。

福祉施設職員になる方法

福祉施設職員になるには、基本的には特別な資格や経験は必要ありません。福祉施設の求人に応募し、採用されることで福祉施設職員になれます。施設によっては採用試験を設けているところもあり、大学や専門学校で介護分野を学んできたことや、介護福祉系の資格があることは有利になるでしょう。また福祉施設職員の中でも、介護福祉士やケアマネージャー、看護師など資格が必須となる職種もあります

福祉施設職員に役立つ資格

無資格からでもなれる福祉施設職員ですが、近年は介護分野を学んできた方や介護福祉系の有資格者の入職も増えています。そのような人たちと対等になるためには、就職・転職の前に資格を取得する、あるいは入職後に資格を取得することをおすすめします。資格は採用に有利に働くだけでなく、スキルアップやキャリアアップ、給料アップにも役立ちます。また知識があるのとないのとでは、高齢者や介護へ向き合う意識も異なります。

まず目指すべきは、介護キャリアのスタート資格である「介護職員初任者研修」です。そこから「介護職員実務者研修」、国家資格である「介護福祉士」や「社会福祉士」を目指すのが一般的なキャリアパスです。福祉施設職員として将来的にキャリアを積んでいきたい場合には、これらの資格取得も視野に入れてみてください。

福祉施設職員の心構え|働くために必要な心構えとは

福祉施設職員は、利用者や入居者の幸福で安定した生活を支える仕事です。そのために働く上で必要な心構えをお伝えします。

コミュニケーションやマナーを大切にする

福祉施設では利用者や入居者、そしてスタッフとの信頼関係が欠かせません。良好な人間関係、そして信頼関係を構築していく上で重要なのは、コミュニケーションやマナーを大切にすることです。

気持ちの良い挨拶や声かけ、言葉遣いや身だしなみなどのマナーを守ることは、現場での信頼と活躍につながります。コミュニケーションやマナーは相手への思いやりだけでなく、ご自身の信頼を高めるためのものです。また利用者や入居者は目上の方がほとんどであるため、礼儀正しく敬意を持って接しましょう。

心身の健康を守る

良質なケアを提供するためにも、まずは自分自身が心身ともに健康であることが大切です。日々疲労やストレスが溜まってしまうのは避けられないことですが、自身のケアも怠らず、気持ちよく働ける状態でいられるよう心がけましょう。

ご利用者さまや入居者さまの立場になって考える

福祉施設職員は、相手に寄り添ったケアをする必要があります。どんなサポートが必要か、どのように接してもらえると嬉しいかを相手の立場になって考え、1人ひとりに柔軟に対応しましょう。信頼関係や良好な人間関係を構築するためにも、まずは自分から相手を理解する姿勢が大切です。

一歩引いて見守ることも大切

福祉施設職員の使命は、相手が必要なサポートを提供することです。しかし全てにおいて、手をかければ良いわけではありません。利用者、入居者が自分でできることはなるべく手伝わず、一歩引いて見守ることで自立支援するのも役割の1つです。見守ることで相手を尊重しつつ、必要に応じて柔軟にサポートできる観察力や対応力が求められます。

福祉施設職員は、幸福で安定した生活を支える役割!

福祉施設職員は、介護や支援が必要な高齢者や障がいのある方にとって重要な存在です。幸福で安定した、健やかな生活を提供することは決して簡単ではなく、大変なこともたくさんあります。しかし相手の人生に大きく影響する仕事であり、やりがいと充実感も大きい魅力的な仕事です。ぜひ今記事を参考に、福祉施設職員の理解を深めてみてください。