川崎市はスポーツが盛んで、高齢化率は低いが介護職求人の多い街!

川崎市は以前は京浜工業地帯として有名な街でしたが、現在は人気住宅地である武蔵小杉・‎新百合ヶ丘などをもつ、若いファミリー層の流入が多い行政区となっています。川崎駅北口も再開発も進み、ラゾーナやアトレなどのショッピングビルは多くの人でにぎわっています。一方、多摩川周辺、生田緑地、神奈川県立東高根森林公園などには緑豊かな場所が広がっています。そんな新旧の良さが混在する、川崎市内ではたらく介護職員の状況をこの記事でご紹介します。

川崎市ってどんな市?

川崎市は神奈川県の北東部に位置する政令指定都市です。7つの行政区に分かれており、全国の政令指定都市の中では最も面積が小さい市です。神奈川県内では2番目の都市で、人口は2019年10月の時点で1,530,457人。京浜工業地帯をもち、かつては公害などのマイナスのイメージもありましたが、最近は大きく改善されています。近年ではタワーマンションがある武蔵小杉などの人気のエリアもあり、若年層を中心に人口は年々増えています。

東京中心へのアクセスも非常によく、そのため年々住民が増えているエリアです。市内には川崎大師があり、毎年お正月にはたくさんの初詣参拝客でいっぱいになります。

川崎市の高齢化状況

川崎市内には、2019年の10月の時点で310,806人の高齢者がいます。全人口が1,530,457人ですから、高齢化率は20.3%となります。神奈川県全体の高齢化率は2018年の段階で25.1%となっていますが、神奈川県は全国で4番目に高齢化率の低い県ですが、中でも川崎市は特に高齢化率の低い地域だと言えます。
市内で高齢化率が高いのは麻生区で、高齢化率23.1%、その次が幸区で22.7%です。逆に高齢化率が低いのは高津区で18.3%となっています。いずれも全国平均を下回りますが、川崎市は住民が多いため、高齢者の絶対数は多くなっています。

2017年の川崎市による調査によると、高齢者のうちの6人に1人が要介護認定者です。また、5人に1人の高齢者が一人暮らしとなっています。また、高齢者対象のアンケート結果によると、介護が必要となった場合の希望として最も多いのは「介護サービスを利用して自宅で暮らす(40.0%)」次に割合が高いので「家族の介護の元で自宅で暮らす(15.8%)」となっています。

川崎市の介護施設数と介護ニーズ

川崎市には、延べ1,972の介護施設があります。具体的には、訪問型介護施設が514、通所型介護施設が473、入所型介護施設が298、老人ホームのような特定施設が123、居宅介護支援施設が380、福祉用具の販売や貸与を行っている施設が93、ショートステイ施設が91となっています。

区別に見てみると、介護サービス施設が最も多いのが川崎区、次が宮前区となっています。逆に最も少ないのは人口が少ない幸区、次に少ないのは、意外にも人口が最も多い中原区です。 現時点でもかなりの介護サービス施設がありますが、今後も特別養護老人ホームなどを中心に整備を進めていく計画となっているようです。少し古いデータですが、2013年に行われた川崎市の介護事業所に対する調査では、全介護人材が不足していると答えた事業所の割合が、全国調査で57.4%であるのに対して、川崎市では75.7%と18.3ポイント高くなっています。川崎市にとって介護職人材確保が重要だということがわかります。

川崎市の介護職員の給与は全国平均よりやや高い!

大手求人サイトを参考に見てみると、川崎市の介護職の平均月収は253,000円程度となっています。これは全国の介護職の平均月収と比べても高い金額です。行政区ごとに多少の違いがあり、特に高かったのは多摩区と宮前区で260,000円を超える金額となっています。比較的低い平均月収となっている麻生区や高津区でも240,000円以上となっており、全国の平均以上の収入を得られる地域だと言えます。

実際に求人サイトで川崎市の求人を見てみると、経験や資格次第でこれ以上の収入も可能だということがわかります。また、経験があり、管理者等のキャリアアップを目指している方であれば、300,000円を超える月収も十分狙えるエリアです。

川崎市の介護求人例

例1)多摩区にあるデイサービスセンターでの介護職ヘルパー

職種介護職ヘルパー(ケアワーカー)
雇用形態正社員
仕事内容デイサービスセンターでの介護業務。
・食事・入浴・排泄等の日常のお世話
・レクリエーションの企画・司会 など
給与月給206,760円~283,200円
※交通費支給あり(月額上限50,000円)
※各種手当含む、運転手当別途支給
※昇給制度、賞与制度あり
勤務時間8:00~17:00、8:30~17:30、9:00~18:00
週5日/1日8時間のシフト制
応募条件介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護職員基礎研修、ヘルパー2級、ヘルパー1級、介護支援専門員資格、介護福祉士資格…のいずれかの資格所持の方
福利厚生各種社会保険制度あり(法令通り)、育児・介護短時間勤務制度他

こちらはデイサービスでの介護スタッフです。利用者様が通うのは朝から夕方までなので、それに合わせて3シフトの交代制となります。最も遅いシフトも18時までと安定して働けるのが魅力です。

例2)幸区にあるデイサービスセンターでの介護管理職

職種介護管理職
雇用形態正社員
仕事内容デイサービスセンターでの管理者としての事業所運営業務
・事業所の人員管理や収支管理
・自治体、医療機関、介護事業者への営業活動
・ご利用者の必要なケアの計画・コーディネイト・モニタリング
・介護業務全般
給与月給267,100円~316,960円 ※給与は経験により考慮
※月定額時間外手当20時間分(42,860円~)含む。20時間超過分別途支給
※昇給制度あり(年1回)、賞与制度あり(年2回)
勤務時間8:30~17:30
週5日/1日8時間
応募条件普通自動車免許
社会福祉士資格、介護福祉士資格、社会福祉士主事任用…のいずれかの資格をお持ちの方
福利厚生各種社会保険制度あり(法令通り)、資格取得支援制度他

こちらは同じくデイサービス施設ですが、施設長としてのお仕事です。介護付随業務のほかに、収支管理や営業活動などもお任せします。また、利用者様のご家族からの相談を受けたり、利用者様の状況によって他のサービスにつなぐ必要もあるため、この施設では介護福祉士や社会福祉士の資格が必須となっています。

介護士が川崎市で働くメリットは?

・介護職場環境改善のための取組み
・日常生活動作の改善・維持の取り組み
・スポーツが盛んな街

介護職場環境改善のための取組み

川崎市は介護人材の定着支援取り組みを強化しています。介護サービス事業所責任者等向けの人材定着のための研修を行われています。また、スタッフの作業軽減のための介護ロボット等導入支援も行っています。

スタッフ向けにも、介護職員が職場や生活の悩みを無料で臨床心理士などに相談できる相談窓口が用意されていたり、介護職員初任者研修または実務者研修を修了し、市内で介護職員として3か月以上就労した方には、受講費用の一部を補助する仕組みが用意されているなどのサポート体制が用意されています。

日常生活動作の改善・維持の取り組み

川崎市は2014年に「かわさき健幸福寿プロジェクト」を立ち上げ、要介護度や日常生活動作の改善・維持にチームで取り組んでいるという点です。このプロジェクトに参加する利用者や家族は健康への意欲が高いので、実際に改善が見られたというケースも多く報告されているようです。
長く自立して暮らすための機能維持・向上を重視した介護をしたいと考えている介護職の方は、川崎市で、このプロジェクトに参加している事業所で働くことで、今後につながる経験をすることができるでしょう。

スポーツが盛んな街

川崎市では、「スポーツのまち・かわさき」を標榜し、誰もがスポーツに参加し、スポーツの楽しさを味わうことができる街を目指しています。サッカーJ1リーグの川崎フロンターレをはじめ、バスケットボールの川崎ブレイブサンダース・富士通レッドウェーブ、社会人野球の東芝ブレイブアレウスなど様々な推進パートナーが参画しています。これは、川崎が工業の街であったことで、企業スポーツが盛んなことが影響しています。プロチームの選手も、市内の小学校に出張授業に行くなど、市内に溶け込むための様々な取り組みがなされています。

川崎市はスポーツが盛んで、高齢化率は低いが介護職求人の多い街!

川崎市は神奈川県の中でも大きな都市で、再開発が進み超高層マンションなどが増えています。武蔵小杉など若い世代に人気の住宅地となっており、比較的若い年代が多い市となっていますが、総人口が多いため、高齢者も多く住んでいます。そのニーズに応えるため、市内に介護サービス施設は非常に多く、介護職のニーズも高くなっています。平均月収も比較的高いですので、介護求人を探している方にとっては自分に合った求人を見つけやすい地域でしょう。
ぜひ、川崎市で介護職の求人を探してみてください。