社会福祉士の仕事内容について紹介!社会福祉士の職業に未来はあるのか?

幅広い世代の福祉や介護、医療の相談業務を担う社会福祉士、実際にどんな仕事かイメージしにくく、将来的に安定した仕事なのか分からない人も多いでしょう。ここでは、社会福祉士の活躍する場や仕事内容、年収や資格のとりかたについてご紹介します。

社会福祉士とはどのような仕事?

社会福祉士は、介護や医療、福祉の分野で日常生活に困難を感じている方の相談に乗り、解決へのサポートを行う仕事です。児童、高齢者、障害者、医療、地域住民など、様々な人の多様な相談に乗るため、社会福祉全般の知識はもちろんですが、介護の基礎知識や介助技術、一般的な医学、心理学、法学など、幅広い分野に関わる知識が必要です。

社会福祉士は国家資格です。特定の学校や実務経験など、受験資格を得た人が国家試験を受験し、合格した後に名乗ることができます。資格の取得方法に付いては後述します。

社会福祉士の主な仕事内容は大きく分けて3つ!

・相談業務
・関係機関との連絡、調整
・福祉サービスの提携管理

1.相談業務

社会福祉士の仕事のなかで一番多くの時間と内容を占めるのが、相談業務です。社会福祉士として勤務する事業所や組織により、やや専門分野はあるものの、児童から高齢者までの福祉に携わることに違いはありません。

相談業務は、面談や訪問、電話などを用いて日常生活に困難な人々の相談に乗り、解決策を福祉の知識を用いて提案、解決までをサポートしていくためのものです。

具体的な解決に向けて、福祉や医療、介護、法律など幅広い知識が必要ですが、同時に相談しやすい関係性となるために信頼関係の構築も重要です。社会福祉士として仕事をするには知識だけではなく、コミュニケーション技術も要求されます。

2.関係機関との連絡、調整

援助やサポートが必要な人が適したサービス等を受けられるように、行政機関や関係機関との連絡・調整を行うのも社会福祉士の仕事です。日頃から、社会資源のネットワークを構築し、必要な支援を円滑に受けられるようにしておくのも大切な仕事です。

関係機関と聞くと、行政や福祉・介護に関わる施設やサービスなどをイメージしますが、実はもっと幅広く、地域住民などに働きかけることもあります。

3.福祉サービスの提携管理

支援している対象者が福祉サービスを利用した場合は、福祉サービスが適切に行われているかの管理や福祉に関する法律への対応も社会福祉士の仕事です。また、福祉サービスを受ける対象者の管理を担うこともあります。

もし、地域に必要と思われるサービスが不足している場合や、必要性のある支援策がある場合は、行政に働きかけるなど、よりよい環境つくりのための一端も担っています。

社会福祉士の就職先はどのような所があるの?

社会福祉士として勤務できる場所は多岐にわたります。主に、介護分野・医療現場・福祉分野の3つの分野が代表的です。

介護分野

日本の介護サービスは圧倒的に高齢者の割合が多いです。介護施設や介護サービス利用者の量を考えると、社会福祉士の活躍の場も介護分野の割合が多くなっています。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護施設には、相談援助に関わる職員の配置が義務付けられています。介護施設で相談業務を行う社会福祉士は、生活相談員あるいは支援相談員という職種に位置付けられ、介護サービスを利用する際の相談や契約、面談などを行います。

医療現場

総合病院などの病院には、医療ソーシャルワーカー(MSW)が配置されています。入院中や通院中の患者やその家族の相談に乗り、治療がスムーズに受けられるよう支援したり、退院後の生活に備えて関係機関との調整を行ったりするのが主な仕事です。

高齢者が入院した場合、退院後に介護施設やサービスを利用するケースも多く、医療現場の社会福祉士と介護分野の社会福祉士が連絡を取り合うことはよくあります。

福祉分野

社会福祉士は、児童や障害者、ひとり親家庭、生活困窮者など幅広い世代の人々に関わります。児童養護施設や母子生活支援施設、障害者支援施設などの福祉施設に勤務することもできます。

その他、社会福祉協議会や行政機関の福祉事務所、地域包括支援センターなども社会福祉士が活躍できる職場です。

社会福祉士の仕事はないの?増え続ける高齢者との関係性は!

日本は世界一の長寿国と言われるほど、高齢者の多い国です。しかも、高齢化のスピードが世界に類をみないスピードですすんでおり、福祉や介護に関する施策は急ピッチで進化してきました。

日本の高齢化はこれからますます進みます。団塊の世代と言われる人々が75歳以上の後期高齢者となり、少子化によって高齢者の介護を担う人材不足はさらに深刻化するとも言われています。

介護職の慢性的な人手不足は今に始まったことではありませんが、これからはますます介護や福祉に関わる人材が貴重となります。社会福祉士に関しても同じことで、高齢者だけではなく子どもや障害者、ひとり親家庭、生活困窮者などの相談に乗る専門家としての仕事は決して無くなることはありません。

社会福祉士の資格を取得し、福祉や介護、医療現場に就職しても全ての人が相談業務に携われるとは限りませんが、相談業務を行う仕事に抜擢されやすくなりますし、何より社会福祉士として得た知識は多くの場面で役にたちます。

社会福祉士の平均給料はいくら?

平成27年11月「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」において集計された「社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果」によると、社会福祉士の平均給料は以下になっています

全体平均年収…377万円
正規職員の場合男性…454万円女性…380万円
非正規職員(常勤)の場合男性…315万円女性…277万円

ちなみに、社会福祉士の資格手当てをもらっている人は全体の約30%程度で、介護福祉士の資格手当てよりもやや高額となるケースが多いです。

社会福祉士の資格を取得する方法

・福祉の4年制大学の場合
・福祉系短大の場合
・社会福祉主事育成機関の場合
・一般大学の場合

社会福祉士の資格取得には、いくつかの方法がありますが、福祉系大学や短期養成施設、一般養成施設等の学校での勉強を経て受験資格を得ます。学校で履修した内容により、実務経験も受験資格に含まれる場合もあります。受験資格を満たすと、年1回の国家試験を受け、合格した人だけが社会福祉士を名乗ることができます。

社会福祉士の受験資格を満たす条件は様々ですが、多くは福祉系大学に通う、福祉系短大や社会福祉主事養成機関、一般大学に通った後に受験資格を満たす人が多いです。

福祉の4年制大学の場合

福祉系大学に4年間通った場合、指定科目をすべて履修するとそのまま4年生の冬には社会福祉士の受験をすることができます。もし、福祉系大学に4年間通っても、基礎科目しか履修していない場合は、6か月以上短期養成施設等で必要科目を履修してから受験します。

福祉系短大の場合

福祉系短大等で指定科目をすべて履修した場合、3年の短大なら1年間、2年の短大なら2年間、相談援助の実務経験を経て受験します。

社会福祉主事育成機関の場合

社会福祉主事育成機関は、大学や専門学校が該当することが多いですが、相談援助の実務に2年間就き、6か月以上の短期養成施設で勉強すると受験資格を得ることができます。

一般大学の場合

福祉系ではない一般大学を卒業した場合、1年以上の一般養成施設等で勉強し受験資格を得ます。4年生の一般大学を卒業した場合は一般養成施設での勉強のみですが、短大の場合は1~2年間の相談援助実務経験が必要です。

社会福祉士の活躍する場は今後も期待できる!

少子高齢化がますます深刻化する日本では、社会福祉士の活躍する場はたくさんあります。社会福祉士の知識を持っていると、関わる人々の役に立てると実感する場面はたくさんあります。

介護職からキャリアアップのために社会福祉士の取得を目指す人も少なくありません。福祉系大学以外の卒業者が社会福祉士を目指す道もたくさんあります。

社会福祉士の求人をチェックする