介護老人保健施設とは?目的やサービス内容、特別養護老人ホームとの違いなど

介護老人保健施設(通称:老健)で働く介護職員がどんな仕事をしているのか、知っていますか?介護施設にはさまざまな種類がありますが、施設の種類が異なれば、サービス内容や働き方にも異なります。本記事では、さまざまな介護施設の中から、介護老人保健施設の特徴や働き方について解説します。

介護老人保健施設(老健)とは

介護老人保健施設 は略して老健とも呼ばれ、病院と自宅介護の中間的役割を担っています。主な利用者は病院に入院して治療を受けるほどではないけれど、自宅のケアでは不十分な65歳以上で要介護1以上の認定を受けている要介護者です。医学的管理・看護を中心としたサービスを提供し、利用者の在宅復帰を目指します。

介護老人保健施設がおこなう介護サービス

サービス内容

介護老人保健施設では、食事や入浴、排泄、着替えの補助や医師や看護師による医療ケアを提供します。さらに、利用者の在宅復帰を目指していることもあり、作業療法士や理学療法士などによる歩行器や車椅子を使ったリハビリテーション(機能訓練)サービスが充実していることも特徴です。

介護老人保健施設では、利用者一人ひとりの状況に合わせて、医師や看護師、作業療法士、理学療法士などさまざまなスタッフが連携してサービスを提供しています。

利用者の入居期間

介護老人保健施設の役割は、利用者の在宅復帰です。そのため、利用者の入居期間は原則として3〜6ヶ月の期間限定であり、職員は期間内で利用者の生活能力向上の支援をします。定められた期間ごとに、利用者が退所できるか入所継続するかの判定がおこなわれるため、介護老人保健施設は他の施設と比較して、利用者の入れ替わりが激しいです。

設備や居室のタイプ

介護老人保健施設で利用者が過ごす居室のタイプは、主に「従来型個室」「多床室」「ユニット型個室」「ユニット型準個室」の4種類が基本です。各部屋にはシングルベッドや収納、そしてナースコールの設置が義務づけられています。多くの場合、台所やトイレ、浴室は各部屋にはついておらず、共同のものを使用します。

従来型個室 1つの部屋を1名で利用する
多床室 1つの部屋を複数名で利用する
ユニット型
個室
1つの部屋を1名で利用するが、併設されているリビングや台所、トイレは同じユニットのメンバーと共有する
ユニット型
準個室
設備はユニット型個室と同じだが、部屋が完全個室ではなく、大部屋を区切ったスペースで生活する

人員の配置基準

介護老人保健施設では、厚生労働省から人員の配置基準を以下のように定められています。

医師 常勤1以上、100対1以上
薬剤師 実情に応じた適当数(300対1を標準とする)
看護・介護職員 3対1以上、うち看護は2/7程度
支援相談員 1以上、100対1以上
理学療法士
作業療法士
又は言語聴覚士
100対1以上
栄養士 入所定員100以上の場合、1以上
介護支援専門員 1以上(100対1を標準とする)
調理員
事務員
その他の従事者
実情に応じた適当数

出典:厚生労働省「介護老人保健施設(参考資料)」

介護老人保健施設で働く介護職員の1日のスケジュール

介護職員の業務内容には、利用者の日常生活におけるサポートや身体介助はもちろんですが、レクリエーションの実施、緊急時の対応なども含まれます。また、介護老人保健施設では介護職員同士だけではなく、医師や看護師、リハビリ専門職など他の職種のスタッフとの連携もたくさん必要です。

介護老人保健施設で働く介護職員の1日のスケジュール例を紹介します。

09:30 出勤・夜勤スタッフからの引き継ぎ・利用者の様子確認
10:00 排泄(随時)・入浴介助
11:00 午前分の記録作成
11:30 昼食準備・食事介助・口腔ケア
12:30 昼休憩
13:30 医師の回診・指示受け、見守り、介助など
14:00 レクリエーションの実施
15:00 リハビリ専門職とリハビリテーションサポート
16:30 記録作成・夜勤スタッフへの引き継ぎ
15:00 夕食準備
17:30 退勤

介護老人保健施設と特別養護老人ホームの違い

介護施設というと、介護老人保健施設の他に、特別養護老人ホーム(略称:特養)を挙げる人も多いのではないでしょうか。ここでは、介護老人保健施設と特別養護老人ホームの違いを説明します。

目的の違い

特別養護老人ホームは中〜重度(原則として要介護3〜5)の要介護者に身体介護や生活支援を提供し、長く生活してもらうための施設です。介護老人保健施設と違い、在宅復帰を目的にしているわけではなく、利用者の入居期間に制限はありません。

入居期間の違い

入居期間に制限がない特別養護老人ホームは、利用者が終身利用することも可能であり、また利用者の入れ替わるタイミングも少ないです。そのため入居待機者が多く、介護老人保健施設と比べて入居難易度が高くなっています。

業務内容の違い

介護老人保健施設は利用者のリハビリに力を入れることに対し、特別養護老人ホームは利用者が余生を楽しく過ごすために、利用者に寄り添ったサポートをする側面が強いです。

介護職員として働きたい方は、これから先、自分は高齢者とどう関わり、どのように働いていきたいかを考えて勤務先を決めましょう。

介護老人保健施設で働くのに向いている人

介護老人保健施設で働くのに向いている人の特徴は次の3つが挙げられます。

・高齢者への支援にやりがいを感じる人
・リハビリテーションや医療知識などに興味がある人
・多くの人とコミュニケーションをとるのが好きな人

高齢者への支援にやりがいを感じる人

スキルや知識、経験を語る前に何よりも大切なのが、高齢者支援にやりがいを感じること。介護老人保健施設で介護職員として働くことは、嬉しいことはもちろんありますが、大変なことも多々あるでしょう。そのような中で利用者に寄り添ったサポートを提供していくためには、介護が必要な高齢者の人たちを支えたいという強い気持ちが求められます。

リハビリテーションや医療知識などに興味がある人

介護老人保健施設は医師の指導の下で介護業務をおこなったり、作業療法士や理学療法士といったリハビリ専門職と連携してサポートしたりするなど、他の施設ではできないさまざまな経験を得られます。介護職員としてのキャリアの幅を広げられ、スキルアップにもつながるでしょう。

多くの人とコミュニケーションをとるのが好きな人

介護老人保健施設は利用者の入れ替わりが頻繁な施設です。利用者が変わる度に気持ちを切り替えながら、数多くの利用者をサポートしていくことになるでしょう。また、幅広い職業の人とコミュニケーションをとる必要があるので、多くの人と関わることを楽しめる人が求められます。

介護老人保健施設は利用者の在宅復帰を目指したリハビリが中心の介護施設

介護老人保健施設の役割は、主に利用者の在宅復帰を支援することです。厚生労働省の社会保障審議会介護給付費分科会が発表した「平成30年度介護報酬改定による審議報告 」によると、利用者の生活機能を向上させるリハビリテーションなどのサービス提供は、今後さらに推進されていくだろうと言われています。

社会から期待され、かつ介護に携わる人材として幅広い知識や経験を積むことができる介護老人保健施設での仕事。あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。

新着記事