高級介護施設が多い?落ち着いて暮らせる街、世田谷区での介護職事情。

世田谷区は東京23区の中で最も人口が多い区です。成城のような高級住宅街や、近年人気の高まっている二子玉川エリア、若者に人気の下北沢や三軒茶屋など、一言に世田谷区と言っても様々な特色のエリアを含んだ区です。セレブなイメージが強い世田谷ですが、意外に緑地や農地が多く、落ち着いて暮らせるエリアとして人気があります。そんな世田谷区で働く介護職員の事情について、この記事内で紹介していきます、

世田谷区ってどんなところ?

成城・砧などの高級住宅街のイメージが強い世田谷区。東京23区の中でも平均所得が高い区で、2020年度の平均年収は約569万円と、都内で7位の数字です(課税標準額段階別令和元年度分所得割額等に関する調より算出)。港区や千代田区に比べると少ないですが、高層マンションが並ぶそれらの地域と比べて先祖代々住んでいるケースも多く、ゆとりあるセレブのイメージがあるようです。

区内には10万人を超える高齢者がおり、区では区内の高齢者の希望に応じた個人の尊厳を尊重した自立支援を進めていくための介護サービスの整備をおこなっています。

世田谷区に見る現在の高齢化推移

2020年1月現在、世田谷区には184,244人の高齢者が在住しています。全人口が917,486人ですから、高齢化率は20.08%となります。高齢者数は前年同月比で2,336人増加していますが、全国平均と比較すると8%程度低い数値になります。

令和元年度世田谷区高齢者ニーズ調査によると、9割以上の調査対象者が今後も現在の地域に住み続けたいと回答しています。それゆえ、家族が介護をしているケースが多く、年齢が上がると共に、一人暮らしの世帯が多くなってきています。

世田谷区では、このように自宅で介護を受けたいという区の高齢者の希望にかなう形で介護サービスを提供するを目指しています。区内の各地域ごとに介護施設数を設定し、24時間365日態勢での定期巡回や随時対応型訪問介護などを中心に区民のニーズに沿った介護サービス施設の整備を民間事業者への補助金などによって進めています。

高齢者介護施設の数

世田谷区内には、延べ1,174の介護施設があります。具体的には、訪問型介護施設が376、通所型介護施設が280、入所型介護施設が93、老人ホームのような特定施設が74、居宅介護支援施設が259、福祉用具の販売や貸与を行っている施設が64、ショートステイ施設が28となっています。

介護職の平均給料は?

世田谷区の介護職の平均月給は、大手求人サイトによると、月給250,000円程度となっています。これは全国平均と比べると高い数字ですが、東京都の介護職の平均的な給与額です。世田谷区は人口が多い分、高齢者の絶対数が多いですから、介護職の求人数は多いです。主任や管理者等の求人もあり、より高い収入を得ながらキャリアを積む機会も見つけやすいエリアです。

今は資格がないけれど、介護職として働きたいという方や、さらに上の資格を取得したいとお考えの方は、東京都の「介護職員就業促進事業」対象の求人で、働きつつ資格を取得をすることができます。

求人サイトに見る介護士の求人情報

例1)世田谷区弦巻にあるデイサービスセンターでの介護職ヘルパー(契約社員)

職種 介護職ヘルパー(ケアワーカー)
仕事内容 介護業務全般、ご利用者様の食事や入浴介助、トイレ誘導など、イベントやレクリエーションの実施等
給与 ①無資格の方:月給205,000円~
②ヘルパー2級、初任者研修取得済の方:月給211,000円~
③ヘルパー1級、基礎研修取得済の方:213,000円~
※①は初任者研修、②③は実務者研修を取得いただきます
※資格取得後月給UP、交通費支給あり
雇用形態 契約社員(正社員登用制度あり)
勤務時間 7:30~16:30、8:00~17:00、8:30~17:30、10:00~19:00、(週5日/シフト制)
※資格取得のための勉強時間を優先とし、ご相談のうえでシフトを組みます。
応募資格 無資格OK、資格取得希望の方
福利厚生 各種社会保険あり(法令通り)、資格取得支援制度他

こちらは、東京都の「介護職員就業促進事業」対象求人です。働きながら無料で「初任者研修」または「実務者研修」を取得できるため、スタート時は無資格でもOK。ヘルパー資格をお持ちの方や、初任者研修受講済の方は、働きながら実務者研修を受けていただけます。

例2)世田谷区砧にあるグループホームでの主任介護職ヘルパー(ケアワーカー)

職種 主任介護職ヘルパー(ケアワーカー
仕事内容 グループホームでの介護業務全般、およびスタッフ指導等のホーム長補佐業務
給与 月給268,000円~(夜勤手当月5回分含む)
昇給制度あり、賞与制度あり、交通費支給あり
雇用形態 契約社員(正社員登用制度あり)
勤務時間 7:00~16:00、11:00~20:00、17:00~10:00
日勤・遅番・夜勤のシフト制
応募資格 下記いずれかの資格をお持ちの方
介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護職員基礎研修、ヘルパー2級、ヘルパー1級、介護福祉士資格
福利厚生 各種社会保険あり(法令通り)

この求人は、グループホームで主任職として活躍していただく求人です。経験を活かして、実務だけでなくスタッフのサポートやホーム長の補佐を担当していただきます。キャリアアップを目指す方にお勧めのお仕事です。

世田谷で介護職員が働くメリット

・自治体による自立支援の取り組みがある
・高級な介護施設が多い

それぞれ、詳しく見ていきます。

自治体による自立支援の取り組みがある

お世話する・ケアするというイメージが強い介護職ですなるべく自分自身で、自分の希望に沿った生活ができる体制を整えることは現代社会の介護における主流の考え方の一つです。世田谷区では、区の施策として介護において自立支援が重視されていて、「砧エリア」「北沢エリア」「烏山エリア」などの地域ごとに自立支援協議会を設け、医療介護連携の取り組みなどを行っています。

高齢者が、現状の機能を維持・向上を目指したケアを行えること、適切な介護サービスを取り入れながら、自分で生活できるようにしてい…といった形の介護を理想としている方にとっては、非常に魅力のあるエリアといえるでしょう。

高級な介護施設が多い

高所得者の割合が多い世田谷区内には高級老人ホームが多くあります。例えば、コンシェルジュ付き、ビューティーサロン付き、ペットサロン付きなどの設備があったり、英国別荘風をコンセプトとした有料老人ホームなどで、入居一時金が数千万円単位といった高級な介護施設が複数あります。利用者様はもちろん、介護従事者にとっても、環境の整った施設で働けることはメリットといえるでしょう

デメリット

・冬の寒さが厳しい

冬の寒さが厳しい

23区には珍しい内陸性気候である世田谷区では、山手線内の都心とは異なり、夏場は比較的涼しいものの、冬場は寒いといわれています。降雨量も都内の中では比較的多めですので、外出するとより肌寒さが感じられそうです。多摩川沿いのエリアや農地などは風を遮る建物がないため、寒さが苦手な方、冷え性の方は体調管理に注意が必要です。

高所得者が多い世田谷区で、働きやすい介護職を探そう!

世田谷区の高齢化率は高くありません。しかし、もともとの人口が多いことから、2020年1月現在で18万人以上と多くの高齢者が在住しています。すでに多くの介護サービス施設が立地している世田谷区ですが、9割以上の高齢者が家庭で暮らしたいと考えているというアンケート結果があります。そのため、在宅介護支援を含め、高齢者やその介護者が希望や必要に応じたサービスを利用できるような仕組みづくりが行われています。

高級な介護施設が多数立地する世田谷区で、介護職のキャリアを積んでみるのはいかがでしょうか。

新着記事