手厚い研修制度あり!さいたま市で介護職員として働く特徴は?

浦和税務署付近の街並み

埼玉県の県庁所在地さいたま市は、JRを中心とした鉄道での都心へのアクセスの良さから、最近では不動産情報サイトの関東圏の住みたい街ランキングに入る人気の都市です。2001年に大宮市・浦和市等が合併してできた都市のため、エリアにより繁華街や文教地区など様々な顔を持ちます。中心部を離れれば果樹園などの農地が残り、自然にも恵まれた地域です。この記事では、そんなさいたま市での介護職を取り巻く環境をじっくりご紹介します!

さいたま市ってどんなところ?

湘南新宿ラインの電車

さいたま市は10の行政区からなる、2001年5月1日に、浦和市・大宮市・与野市・岩槻市が合併してできた政令指定都市です。丸の内方面・新宿方面・品川方面といった都心のビジネスへの交通の便がよいため、ベッドタウンとして人気があります。また、見沼たんぼや秋ヶ瀬公園といった自然が残るエリアも多く、災害に強く、治安も比較的良い市として知られ、高齢者にとっても住みやすい地域です。

平成28年度の市民意識調査によると、今後、特に重視する施策や事業として3年連続で「高齢者が暮らしやすいまち」が挙げられています。市民の高齢者福祉に対する意識が高く、今後介護職の活躍の場がますます期待できるエリアです。

さいたま市に見る現在の高齢化推移

2019年9月の発表資料によると、さいたま市には300,217人の高齢者がいます(過去最高)。人口全体に占める高齢化率は22,89%となっています。同年8月の全国高齢化率が28,4%となので、さいたま市の高齢化率はそれほど高くないといえます。しかし、区ごとに見ていくと、南区(19,12%)や浦和区(20,50%)など高齢化率が低い区がある反面、岩槻区(30,26%)や西区(26,66%)といった全国平均より高齢化率が高い地域もあります。

さいたま市の調査によると、市内の調査対象となった高齢者のうち子どもと2世帯で暮らしている高齢者の割合は2割弱となっており、一人暮らしまたは夫婦2人暮らしと回答した高齢者は6割を超えています。そのため、今後ますます、介護サービスの需要が高まっていくことでしょう。

高齢者介護施設の数

介護士と話す老婦人

さいたま市には、延べ1,668件の介護施設があります。内訳としては、訪問型が395、通所型が364、小規模多機能型居宅介護施設のような入所型が171、老人ホームなどの特定施設が145、居宅介護支援(ケアプラン)が379、ショートステイが106、福祉用具の貸与や販売を行う施設108となっています。

行政区別に見ると、最も介護サービス施設が多いのは、さいたま市の中で最も高齢者の人数が多い見沼区で、261の介護サービス施設が存在しています。次いで多いのは岩槻区(195)、北区(194)となっています。逆に介護サービス施設が少ない区は桜区(104)という結果でした。

介護職の平均給料は?

さいたま市の介護職の平均給料は、大手求人情報サイトの情報によると月収244,000円程度。これは全国の介護職の平均月収と比べても比較的高い金額です。区ごとに多少の違いがあり、特に介護サービス施設が多い見沼区では平均よりさらに高くなっています。

見沼区は介護サービス施設数が多いゆえ介護職ニーズも高く、経験を重視した求人や役職付きの求人が多くあることが高収入の理由として挙げられるでしょう。介護施設が少ない桜区や緑区はさいたま市全体の平均月収と比べるやや少ないですが、十分に全国の介護職の平均収入レベルです。

求人サイトに見る介護士の求人情報

例1)さいたま市見沼区にある訪問介護事業所でのサービス提供責任者

職種 サービス提供責任者
仕事内容 訪問介護サービスにて計画作成
ヘルパーの管理・指導、利用者様の相談、関係事業所との連絡調整
給与 月給262,000円~ ※介護福祉士資格をお持ちの方の場合
昇給年1回、賞与年2回、交通費支給あり
雇用形態 正社員
勤務時間 9:00~17:30 週5日
シフトにより早出・遅出の可能性あり
応募資格 以下いずれかの資格をお持ちの方
ヘルパー1級、介護職員基礎研修、介護職員実務者研修、介護福祉士資格
福利厚生 各種社会保険あり(法令通り)

こちらは、サービス提供責任者(サ責)のお仕事です。資格が必要ですが、高い月収を目指すことができます。

例2)さいたま市南区にある居宅介護支援事業所でのケアマネジャー

職種 ケアマネジャー
仕事内容 居宅介護支援事業所における介護支援専門員業務
給与 月給281,000円~
処遇改善手当、職種間調整手当、月20時間分の定額時間外手当含む
時間外勤務が月20時間を超過した場合、別途時間外手当支給あり
昇給年1回、賞与年2回、交通費支給あり
雇用形態 正社員
勤務時間 9:00~17:30 週5日
シフトにより早出・遅出の可能性あり
応募資格 介護支援専門員資格
福利厚生 各種社会保険あり(法令通り)

ケアマネの求人募集です。利用者さん、ご家族、行政、施設スタッフとの連携・調整を行う、介護の重要ポジションで働くことができます。

さいたま市で介護職員が働くメリット

・医療介護連携の取り組み
・自治体による研修制度
・バラエティに富んだ土地柄

穏やかな県民性

さいたま県全体に共通した県民性として、協調性が高く、穏やかな人柄といった点が挙げられます。東京のベッドタウンであることから、特別に地元愛が強かったり、新しい住民を受け入れるまでに時間がかかるといった地域性ではないようです。 介護職は様々な立場の方とのコミュニケーションを必要とするお仕事ですから、協調性が高い県民性を持つさいたま市は働きやすいエリアと言えるかもしれません。

自治体による研修制度

さいたま市は、介護職のスキルアップを目的とした各種研修を積極的に実施しています。例えば、ユニットケア研修関連情報、ケアマネジャー向け自立支援型アセスメント研修、認知症に関する各種研修などです。認知症に関する研修は、介護職員向けだけでなく、医療従事者や薬剤師に向けたものもあります。介護職員だけでなく、全方位から高齢者福祉を充実させるための取り組みがなされています。(研修実施は、状況により延期・中止となる場合があります)

バラエティに富んだ土地柄

4つの市が合併してできたさいたま市は、同じ市の中でもエリアによって見せる顔が大きく異なります。埼玉県一の商業都市であり、歓楽街が多い大宮エリア(大宮区・西区・北区・見沼区)と、行政の中心であり、文教地区として知られる浦和エリア(浦和区・桜区・南区・緑区)が市の面積の多くを占め、その他にさいたまスーパーアリーナがある中央区(旧与野市)と人形の街として知られる岩槻区(旧岩槻市)が立地しています。

住む場所によってかなり印象が異なるさいたま市。サッカークラブも、同じ市内に浦和レッズと大宮アルディージャという、異なるクラブが存在しています。

デメリット

・冬の寒さが厳しい

冬の寒さが厳しい

さいたま市は他の首都圏の大都市と比べて、冬の降水量が少なく、気温が低いという特徴があります。1月は、平均最低気温が氷点下にもなります。海から遠いため気温が冷えやすく、また、北関東方面からの風が強く吹くことからこのように冬の気温が下がりやすいのだそうです。寒さが苦手な方は、体調を崩さないよう暖かくしておきましょう。

バラエティに富んだ土地柄のさいたま市で、働きやすい介護職を探そう!

秋ヶ瀬公園

さいたま市は、都心から近く住みやすい市として人気があります。全国的に見ると若い人口が多い市ですが、人口が多い分多くの高齢者数市内に在住しています。また、市民が行政に求める事業として高齢者福祉が上位に挙げられていることもあり、さいたま市内の介護サービス施設は年々増えています。

人口・面積ともに大きいさいたま市は、区によって雰囲気ががらりと変わるのも魅力。行政の研修制度などをうまく利用しながら、さいたま市で介護のスキルアップ転職を目指してみてはいかがでしょうか。

新着記事