デイサービス(通所介護)とは?役割や仕事内容、デイケアとの違いを解説!

公園に外出する高齢者

介護福祉施設にはさまざまな種類の施設があり、その1つにデイサービスがあります。デイサービスは別名「通所介護」とも言われ、ご利用者さまの自立した生活支援を行う施設です。今回はデイサービスの役割や種類、デイケアとの違いや仕事内容などさまざまな観点から解説します。

デイサービス(通所介護)とは?

自宅への送迎

デイサービスとは、日帰りで通うご利用者様に対して介護サービスを提供する形式の施設を指し、「通所介護」とも呼ばれます。老人ホームのように施設内で生活するのではなく、可能な限り自宅で生活を送れるようにすることを目的としており、食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを提供することで、社会的孤立感やストレスの解消も図ります。

デイサービスで提供する主な介護サービス
・食事
・入浴
・機能訓練
・レクリエーション
・日常生活全般に必要な介助
・送迎など

デイサービスの役割

デイサービスの役割は要介護認定を受けた高齢の方が、自宅での生活を送れるようにサポートすることです。またご利用者様だけでなく、そのご家族が日中に自分の時間を持てるようにすることで、介護の負担を軽減させる役割も兼ねています。

さらにデイサービスではご利用者様の自立的な生活をサポートするだけでなく、コミュニケーションやレクリエーションを通して社会的孤立の解消やストレスの軽減を図る場でもあります。

デイサービスを利用することで、ご利用者さまの心身の健康を維持するだけでなく、そのご家族の負担も軽減でき、在宅介護の質の向上にも期待できます。

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスと類似するサービスに、デイケアがあります。デイサービスとデイケアの違いは以下の通りです。

デイサービス デイケア
目的 自立した生活のサポート
社会的孤立の解消
身体機能の回復や維持のためのリハビリ提供
利用できる方 ・要介護1~5認定の方 ・要介護1~5認定の方
・要支援1、2認定の方
・医師にリハビリが必要と判断された方
医師の常駐 なし あり

最も大きな違いは、医師の常駐の有無です。デイサービスには看護師が配置されていますが、基本的な医療処置や緊急時は一次処置のみの対応となります。一方、専門的なリハビリを行うための施設であるデイケアには、医師が常駐しています。

どちらの施設もご利用者様の要介護レベルは同じですが、デイケアはより身体機能に回復や改善が必要な方が通う施設です。そのためリハビリが必要な方でも、専門的な医療ケアが必要な場合にはデイケアを利用します。

デイサービスの種類

ひとくちにデイサービスと言っても、その種類はさまざまです。目的に変わりはありませんが、施設の稼働時間帯やサービスの特化性に違いがあります。

施設の稼働時間から見る種類

デイサービスは、主に「1日型」「半日型」「夜間型」の3タイプがあります。

一日型 朝から夕方まで施設で過ごす最も一般的なタイプ。
朝ご自宅に迎えに行き、入浴・昼食・レクリエーションなどを行い、夕方にご自宅に帰るのが一日の基本的な流れ。
半日型 午前中または、午後のどちらかを施設で過ごすタイプ。
ご自宅への送迎、入浴、レクリエーションなどを行う。
夜間型 「利用時間の延長」や「日中利用を継続したお泊まり」などさまざまなタイプがあり時間設定は施設によって異なります。
在宅介護者の帰宅が遅い日のみ利用したい、夜間に在宅できないなどのケースに対応します。

サービスの特化性から見る種類

以下のようにバラエティに富んだ特化性サービスを提供するデイサービスもあります。

・料理特化型:調理を通した機能改善の実施
・カジノ特化型:娯楽目的でゲームを楽しむ
・ゴルフ特化型:ゴルフを通した機能改善の実施 など

機能改善だけでなく、娯楽も重視したい場合には趣味などに合わせた特化型デイサービスが利用できます。またデイケアに通うほどではなくとも専門的な機能回復・維持が必要な場合に利用する「リハビリ特化型」。認知症に対する手厚いサポートが受けられる「認知症特化型」のデイサービスなどもあります。
このように利用目的やご利用者様の状態に合わせた、さまざまな種類のデイサービスがあるのです。

地域密着型デイサービスとは?

介護士と外出する高齢者

地域密着型デイサービスは2016年4月より、介護度の重いご利用者様が住み慣れた地域でサービスが受けられるように導入されました。市町村に指定された事業者が、地域の特性や事情に合わせたサービスを提供する施設です。

地域密着型デイサービスを利用できるのは、その地域にお住まいの要介護1以上の認定を受けた方のみです。提供サービスは通常のデイサービスと変わりありません。しかし施設の利用人数が19人未満と制限が設けられているため、より手厚いサポートが受けられます。

デイサービスの主な仕事内容

以下は、デイサービスでの主な仕事内容です。

・送迎
・食事、入浴、排せつ介助
・レクリエーションの提供
・機能訓練やリハビリのサポート
・健康チェック、管理
・服薬管理 など

デイサービスはご利用者様の自立的生活をサポートするだけでなく、精神的に充実していただく役割も兼ねています。そのため淡々と介護をこなすのではなく、ご利用者様の話し相手になるなど、生活に寄り添うことが重要となります。

デイサービスにはどんなスタッフがいる?

デイサービスは介護職員をはじめ、以下のようにさまざまなスタッフが駐在します。

・管理者
・生活相談員
・介護職員
・看護職員:看護師、准看護師
・機能訓練指導員:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師

役職によって必要な資格や求められる資格は異なります。
介護職員の配置数が最も多く、看護職員は基本1名の配置が必須となっています。なかでも機能訓練指導員は資格種類も豊富であるため、施設の特化性によって職員の配置人数もさまざまです。

働くデイサービスを選ぶ際に確認すべきポイント

これまで紹介したように、デイサービスの特性や種類はさまざまです。ここではデイサービスへの就職、転職を検討している方に向けて、働くデイサービスを選ぶ際のポイントをお伝えします。

利用者様の特徴

デイサービスは提供するサービス内容が同じであっても、ご利用者様の特徴に合わせた柔軟な対応が必要です。そのためご利用者様の特徴を把握することは、働く場の特徴を押さえるためにも重要なポイントとなります。
デイサービスによって男性の割合が多い、80歳以上や要介護1のご利用者さまが多いなど、特徴が異なるため事前に押さえておきましょう。

地域の特徴

地域により環境や医療サービスの整備数、人口規模や高齢化率なども違いがあります。地域の特徴を把握し、その地域にあった支援を行うことがデイサービスには重要です。

そのため地域の特徴はご利用者様の特徴にも関係します。地域に密着したサービスが提供できるよう、また職場への理解を深めるためにも、地域の特徴にも着目してみてください。

役割や特徴を押さえて、デイサービスへの理解を深めよう

今回はデイサービスについて、仕事内容や役割などさまざまな観点からご紹介しました。多くの介護福祉施設がある中でも、デイサービスはご利用者様の生活に密着した施設です。心身の健康を維持するため、デイサービスは重要な役割を果たします。ここで働くことはきっと大きなやりがいにつながることでしょう。

新着記事