看護師の年収はどれくらい?給与相場やボーナスなどを調査してみた

看護師のお給料は?

看護師として働くうえで年収やボーナスなど給与がどのくらいになるのかは気になるポイントではないでしょうか。今回は看護師の気になる年収について調査してみました。年齢別や雇用形態別、職場別などさまざまな観点から詳しくお伝えしていきます。

看護師の年収はどれくらい?

昇給のイメージ

国家資格が必要、かつ日々多忙である看護師の年収は高いというイメージがあるでしょう。では実際にはどれくらいの年収なのでしょうか。

以下は厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」、そして日本看護協会の「2019年病院看護実態調査」をもとにした看護師の平均給与です。

平均年収 482万9100円
ボーナス 81.6万円
平均月収 33.4万円

※平均年齢39.5歳
※所得税や社会保険料控除前
※超過労働給与や各種手当を含む

【年齢別】平均月収・年収

看護師全体の年収はおよそ400〜500万円が相場です。全体的に見て比較的に高い年収といえるでしょう。しかし平均だけでなく、年齢ごとにどのくらいの給与をもらっているかも重要です。以下は年齢別にみた看護師の平均年収・月収です。

【最新版】看護師の平均給与表 【最新版】看護師の平均年収表

上記は女性のみの集計です。役職やキャリアアップも関係し、50代が看護師の月収・年収のピークであることがわかりました。

また看護師の給与は夜勤手当が大きく影響しています。日本看護協会の「2019年病院看護実態調査」によると、毎月平均3.5〜5万円は夜勤手当が占めています。
つまり年収の40〜60万円は夜勤手当分ということです。

夜勤手当がない場合は平均を下回る月収・年収であることもあるということも認識しておきましょう。

【男女別】年収・月収の差

全国で就業している看護師の男女比率は1:9です。まだまだ男性看護師の数は少ないですが、年々数は増加傾向にあります。
男性と女性では以下のような給与の違いがあります。

男性看護師 女性看護師
平均年収 496万800円 481万3600円
平均ボーナス 83万6400円 81万4000円
平均月収 34万3700円 33万3300円

他の業種と比較して男女差は少ないですが、男性看護師の方が全体的にやや高い傾向にあります。その理由として男性看護師は大きな病院勤務が多く、家族手当てが多くつくことが挙げられるでしょう。

【雇用形態】看護師の年収・月収

これまでお伝えしてきたのは正社員看護師の場合の給与です。看護師は正社員としてだけでなく、パートや派遣などさまざまな雇用形態があります。
なかでも最も多い形態は「派遣」や「パート・アルバイト」です。この場合給与は時給換算になり、ボーナスは基本的にありません。

派遣社員の平均時給は約1500〜1700円、専門性の高い仕事や夜勤があると2000円以上になることもあります。
そのため派遣でも月収でいえば正社員より多い約30〜40万円を稼ぐことは可能です。

一方パート・アルバイトの平均時給は約1300円。週の勤務日数や出勤時間によって個人差がありますが、他業種の同じ雇用形態のなかでは高い水準と言えるでしょう。またパートアルバイトも派遣同様に、勤務先やスキルによっては時給2000円以上ということも可能です。

看護師の初任給はどれくらい?

日本看護協会「2019年病院看護実態調査」では、2020年度採用予定の新卒看護師の予定初任給は以下のように算出されています。

平均基本給与額 平均税込給与総額
高卒+3年過程新卒、単身・民間アパート居住 20万1263円 26万4307円
大卒、単身・民間アパート居住 20万7856円 27万2018円
看護大学大学院卒、単身・民間アパート居住 21万1814円 27万7472円

※通勤手当、住宅手当、家族手当、夜勤手当、当直手当て等含む
※夜勤三交代8回(二交代4回)を想定

「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」における全職種の初任給の全体平均は21万200円。そのため看護師の初任給はおよそ平均といえます。

看護師の残業代はどれくらい?

看護師の平均残業時間は1ヶ月23.4時間。なかでも1ヶ月30時間以上残業している看護師は全体の約25%、60時間以上は全体の4%という統計があります。
日本看護協会「看護師の賃金水準データ」によると、1ヶ月の平均残業代は2万5,342円。しかし病院や施設によって残業代の基準が異なることは抑えておきましょう。

残業代は労働基準法にて割増賃金率が適用されており、通常賃金の25%以上にしなければならない規定が存在します。また夜勤からの残業であればその2倍など、さまざまな決まりがあります。

サービス残業とされ未払いの賃金が多い実態があることからも給与明細にある残業時間、そして支給された残業代が労働基準法の規定を満たしているかをチェックすることが大切です。

職場別にみた看護師の年収はどれくらい?

看護師は医療機関をはじめ、さまざまな職場で活躍しています。
以下は職場別にみた看護師の平均年収です。

施設名 給与
一般病院 国立病院 35万6519円
公的病院 34万7160円
社会保険関係法人 32万9271円
医療法人 30万6372円
介護施設 介護老人福祉施設 28万3000円
介護老人保健施設 31万3000円
介護療養型医療施設 28万8000円
訪問看護 30万4000円
通所介護 25万1000円
通所リハビリテーション 28万円
短期入所生活介護 26万4307円
有料老人ホーム 36万6000円

高年収を狙うなら国立病院

国立病院は求められるスキルの高さからも、他の職場に比べて年収が高い傾向にあります。また国立病院は公務員として扱われ、給与水準が高いだけでなく安定性があるのも特徴の一つ。給与テーブルはしっかりと決まっているため、毎年一定額上昇するようになっています。

介護施設は施設ごとに差がある

介護施設の種類はさまざまで、施設の夜勤有無や経営状況によっても給与が左右されます。
また介護施設は病院やクリニックのように医療提供が優先ではありません。そのため医療機関で加算される基本給以外の手当てがないことからも、全体の年収が低い傾向にあります。

看護師の退職金はどれくらい?

看護師の疑問

退職金は転職、定年退職などをするにあたり重要なお金です。看護師の退職金はどれくらいなのか、そもそももらえるのかなど気になるポイントを解説していきます。

看護師に退職金はある?

退職金は法律で絶対とされているわけではないため、その有無は勤め先によって異なります。まずは勤め先に退職金制度があるかを確認しましょう。
退職金制度がある場合には一般的に3〜5年働くことで適用され、なかには定年退職のみ退職金が支払われるケースもあります。

退職金がある 大学病院/公立病院/グループ経営の病院/介護施設 など
退職金がない もともと基本給が高い病院 など

例外もあるため、上記はあくまで参考としてみてください。

大学病院や公立病院、グループ病院など規模の大きい病院は退職金制度を導入していることも多いようです。

ただもともとの給与水準を高く設定している病院もあるため、退職金制度の有無だけで判断するのではなくその他のいいところも探してみることが大切です。

退職金を計算して算出してみよう

退職金制度がある場合、実際に退職金がどれくらいもらえるかは以下のような条件を基に算出されます。

・基本給×勤続年数
・固定金×勤続年数
・基本給×勤続年数×功績倍率
・勤続年数による規定

固定金や功績倍率、勤続年数の規定は病院・施設ごとに異なります。勤め先の退職金の算出方法や規定がわかれば、大まかな退職金を算出できますので参考にしてみてください。

また自己都合による退職金は満額給付されないケースもあるため、規定は細かい点まで確認することがポイントです。

看護師の年収は条件によって差がある

今回はさまざまな観点から、看護師の年収について解説しました。平均年収は約400万〜500万円とされていますが、年齢や勤め先など条件によってかなり個人差があるものです。

看護師としてどれくらいの年収を理想としているかを考え、勤め先や必要なスキルなどをチェックしてみましょう。

新着記事