グループホームの仕事内容とは?スケジュール例をもとに一日の流れをご紹介

グループホームで折り紙

グループホームは、認知症の高齢者や知的・身体障がいのある方が、日常生活に近い形で共同生活する場です。地域密着型サービスの1つであり、地域には多くのグループホームが所在します。
今回はグループホームへの就業や転職を検討している方に向けて、グループホームの仕事内容を詳しくご紹介します。

グループホームの仕事内容とは

外出イベント
主な仕事内容
・生活援助
・身体介助
・健康管理
・レクリエーション企画・運営
・夜間の見回り
・ケアプランの作成
・看取り

グループホームの主な仕事内容は、上記の通りです。グループホームにもいくつか種類があり、認知症の方や知的障がいのある方、要介護度の高い方など、入居者さまの特徴もさまざまです。そのため仕事内容は、施設によって異なる点もあります。一方日常生活に近い形で、なるべく自立を促して共同生活をするという目的は共通しています。下記でグループホームにおける主な仕事内容を、詳しくみていきます。

生活援助

メインとなるのは、料理や洗濯、掃除などの身の回りのお世話です。グループホームでは身の回りのお世話のことを、生活援助と位置付けています。グループホームは家庭的な環境で日常生活を送る場であるため、料理や洗濯のような家事も基本的に入居者さまが行います。しかし、こうした日常動作も1人では十分にこなせないこともあるため、スタッフが援助します。

身体介助

入居者さまの中には、要支援や要介護度の高い方もいらっしゃいます。そうした入居者さまには、食事や入浴、排せつなどの介助を行います。身体介助の程度は、入居者さまの状態に合わせてさまざまです。基本的にはサポートとなることが多いですが、本格的な身体介助が必要な方もいます。

健康管理

高齢の入居者さまであるほど、いつ体調が急変するかわかりません。そのためグループホームでは、入居者さまのバイタルチェクや服薬管理も行います。グループホームは、他の介護施設と異なり、看護師の配置に法的な義務がありません。そのため健康管理などは、基本的にスタッフが担当します。とはいえ最近では、医療サービスの需要が高まっていることから、看護師を配置するグループホームも増えています。

レクリエーション企画・運営

認知症の改善や予防のため、また機能訓練の一環としてレクリエーションを実施するグループホームもあります。そうした施設の場合、レクリエーションの企画・運営も大切な仕事の1つです。また施設内だけでなく、地域との交流を目的としたイベントを実施することもあります。

夜間の見回り

夜勤スタッフは、夜間の入居者の見回りを行います。認知症の方は、徘徊などの心配もあるため、夜間の見回りは重要です。また夜間の排せつ介助なども担当します。さらに夜間の急な体調変化のような緊急時は、医療機関への連絡なども行います。

ケアプランの作成

グループホームでは、入居者さま個々のケアプランを作成します。ケアプランを作成するのは計画担当者の仕事であり、ケアマネージャーを中心としてサービス選定や関係者への連絡調整などを行います。

看取り

医療体制の整っているグループホームでは、看取りに対応している場合もあります。この場合は看護師や医師などの医療スタッフとの連携のもと、スタッフもサポートを行います。

グループホームで働く方の一日の流れ

ホームの清掃

ここではグループホームでの仕事内容が具体的にイメージできるよう、1日のスケジュール例をご紹介します。

日勤の場合
08:00 出勤 出勤後、入居者さまのバイタルチェックや、朝食準備を開始
08:30 朝食 食事介助や口腔ケア、服薬などのチェック
09:00 申し送り 夜勤担当者からの申し送り
09:30 体操・洗濯 朝の体操を行い、サポートや見守りをしながら洗濯
10:30 散歩・買い物 散歩を兼ねて、近所のスーパーへ買い出し
11:30 昼食準備 入居者さまと一緒に食事や配膳の準備
12:00 昼食 食事介助や口腔ケア、食後の服薬チェック
13:00 入浴 バイタルチェック後、入浴介助
15:00 おやつ みんなで集まり、おやつを囲んで団らん
15:30 レクリエーション 機能訓練や娯楽を兼ねて、レクリエーションを実施
16:30 申し送り 夜勤担当者への申し送り
17:00 退勤 必要な業務を終え、退勤
※休憩は交代で取得します

もちろんグループホームによって、スケジュールはさまざまです。そのため上記スケジュール例は、参考として押さえてみてください。

グループホームで医療行為を行うことはあるの?

グループホームでは、看護師や医師の配置が義務付けられていません。そのため原則的に、スタッフが医療行為を行うことはありません。一方医療行為の需要も高まっていることから、看護師を配置したり、訪問看護ステーションと連携したりしているグループホームも増えています。また一般スタッフでも、一定の研修を受けている場合は、医療行為に携わることができます。

グループホームの勤務体系とは

グループホームでは常勤のほか、夜勤勤務もあります。2交代制の場合は「常勤」「夜勤」をベースにシフトが組まれ、3交代制の場合は「早番」「遅番」「夜勤」のシフトとなります。この点はグループホームによって異なるため、就業先の体系を確認しましょう。基本的には日中の人員配置が厚くなるように、シフトが調整されます。

グループホームで働くメリット・デメリット

グループホームへの就業や転職を検討している方にとって、働くメリット・デメリットは気になるポイントの1つではないでしょうか。ここでは、メリット・デメリットについてもお伝えします。

グループホームで働くメリット

グループホームは家庭的な環境、かつ少人数で生活を送る場であることから、職場もアットホームでゆったりとした場です。そのため時間に追われることなく、ゆとりを持って介護や業務ができます。さらに入居者さまとの距離も近いため、信頼関係が構築できたり、喜びを共有できたりと、やりがいが直に感じられる点も魅力的です。

また他の介護施設と比較すると体力的な負担が少ない点もメリットといえます。介護未経験の方でも挑戦しやすい仕事です。

グループホームで働くデメリット

体力的な負担が少ない反面、精神的な負担が多いと感じる方がいる点はデメリットの1つです。
特に認知症を患う入居者さまは、不安や焦燥感から、暴言を投げつけてしまったり、介助を拒否したりするなどの行為が見られることもあります。仕方のないことだとわかっていても、何回も続くうちに、仕事に対して自信がなくなってしまうこともあるでしょう。そのため入居者さまに寄り添って、辛抱強く支えていく強い意志が必要です。

また日勤と夜勤の交代制で働く場合、生活リズムを整えにくい点もデメリットといえます。そして夜勤の場合は、入居者さまの深夜の徘徊に苦労するケースも多く見られます。

グループホームの仕事内容は身体的な負担が少ない

グループホームは、施設の種類もさまざまです。それに伴い仕事内容も変わってきますが、基本的には入居者さまの自立的な生活をサポートすることがメインです。時には辛いこともありますが、その分やりがいが大きい仕事でもあります。また身体的な負担が少ないことから、介護未経験の方、中高年の方にもおすすめできる職場です。

新着記事