介護のバイトについて詳しくご紹介!未経験や学生でもできる?

慢性的な人手不足である介護業界では、アルバイト採用の需要も高まっている傾向にあります。介護アルバイトは一見特殊なイメージがありますが、実は未経験者や学生でも応募できる一般的なバイトです。今回は介護のバイトについて、さまざまな観点から詳しく解説します。介護アルバイトに関心のある方は、ぜひ参考にしてください。

介護バイトは未経験や学生でもできる?

高齢化社会が加速する中、介護の需要は年々高まっています。そこで課題となっているのが、介護従事者の人手不足です。そのため介護職は正社員や派遣、アルバイトとさまざま就業形態のスタッフを募集し、人手不足を補っています。まずは多くの方が気になるポイントである、未経験者や学生の介護バイトについてみていきます。

高校生の介護バイトも需要が高まっている

介護バイトは高校生不可の求人も多い一方、最近では積極的に高校生を募集している介護施設も増えています。地域や介護施設によって差はありますが、時給1,000円以上の求人も多くみられます。一般的な高校生の時給相場よりも高いため、稼ぎたい高校生にとっては嬉しいバイトです。

将来的に介護・医療関係の道に進むのであれば、高校生のうちから介護に携わることは、大きな糧となってくれます。

無資格でも介護バイトはできるのか

介護バイトは無資格でも就業可能です。これまでは資格がないと働くのが難しかった介護職ですが、慢性的な人材不足である背景から、無資格でも働ける環境となりました。介護業務は、必ずしも資格がないとできないことばかりではありません。

本格的な身体介護は有資格者に任せ、それ以外の業務を無資格者がこなすことで、結果的に施設全体の介護の質向上に繋がります。

介護バイトはきつい?楽?介護バイトの仕事内容をご紹介

アルバイトであっても、基本的な仕事内容は正社員と大きく変わりありません。とはいえ責任の重い仕事が任されることは少ないため、精神的な負担は軽いといえます。また前述したように、資格有無によってできる仕事の範囲は異なります。

介護バイトの主な仕事内容

バイトにどこまでの仕事を任せるかは施設によってさまざまですが、基本的にはスタッフのサポートをメインに仕事を進めていきます。また資格のレベルによっても、任される仕事範囲は異なります。主に、以下のような仕事内容を担当することが多いでしょう。

・食事介助
・ご利用者さまの身の回りのお世話
・掃除、洗濯などの家事
・買い物
・薬の受け取り
・レクリエーションのサポート など

細かい業務はあるものの、ご利用者さまやスタッフのサポート、見守りが基本となります。

未経験・無資格でもできる仕事内容

未経験・無資格の方でも、有資格者の指示の元であれば身体介護が行えます。またアルバイトの特性上、責任の重い仕事を任されることが少ないことを除いては、有資格者の仕事内容と大きな違いはないでしょう。また介護の資格はないが、自動車免許を持っているなどであれば、送迎業務も担当できます。

介護バイトの夜勤ってどうなの

24時間体制の介護施設であれば、夜勤も発生します。夜勤は大変なイメージがありますが、夜勤手当がつくなどメリットもあります。ここでは介護バイトの夜勤についても、詳しくみていきます。

夜勤の勤務時間例

夜勤は施設の勤務体制によって、以下2種類の勤務時間があります。

2交代制3交代制
17時〜翌10時
22時〜翌7時

2交代制は、1回の勤務時間が長い点が特徴です。この場合1週間の勤務時間が40時間を超えないように、シフト調整がなされます。また、これ以外の勤務体系を採用する事業所もあります。

夜勤専従の求人もある

求人によっては、夜勤専従を募集している場合もあります。夜勤専従とは、夜勤専門として働くことです。夜勤は手当がつくため、日勤よりも稼ぎやすい点がメリットです。2交代制の場合は1回の勤務で2回分の出勤扱いとなり、かつ手当もつくことから効率的に稼げるといえます。昼夜逆転の生活リズムにはなってしまいますが、Wワークがしたい、少ない出勤で高給を狙いたいという場合には、夜勤専従でのアルバイトもおすすめです。

学生でも夜勤はできる?

介護バイトに限らず、18歳未満の方は22時〜翌5時の間のバイトは法律で禁止されています。そのため高校生にはできませんが、18歳以上の学生であれば夜勤に入ることも可能です。とはいえ、夜間は施設の配置スタッフも少ないため、1人でも仕事ができる方が優先的に夜勤に入ります。そのため年齢に関係なく、夜勤は資格取得を条件にしているケースもあります。

介護バイトの給料について

介護バイトの全国平均時給は、1,000円ほどです。平均時給については、地域や施設によっても変動します。首都圏では平均時給を上回る傾向にありますが、地方では時給1,000円以下が相場です。月収は、資格有無や月の出勤回数、夜勤に入るかによって個人差があります。

介護バイトのメリット

介護のアルバイトには多くのメリットがあるのをご存じでしょうか?ここではアルバイトのメリットを3つお伝えします。

心身の負担が軽い

アルバイトという特性上、責任の重い仕事を任されることは少ないでしょう。心身の負担が重く、ストレスを抱えやすい介護職ですが、バイトとして働くことでその点も多少緩和されるといえます。余裕を持って働けることで、介護の仕事も楽しくできるでしょう。

資格取得に役立つ・取得を目指しやすい

学生や今後介護業界への転職を検討している方であれば、介護バイトの経験は資格取得に役立ちます。現場での実践的な知識・技術が身につけられるだけでなく、資格取得を目指しながらも余裕を持って働くことが可能です。

プライベートと両立しやすい

子育てと両立したい、資格取得を目指しながら働きたいなどの場合、シフトの融通がきくアルバイトは働きやすい雇用形態といえます。ライフスタイルに合わせて働ける点は、アルバイト最大のメリットです。

介護バイトの面接のポイント

介護バイトへの熱意が高くとも、まずは面接に合格しなければ働くことができません。ここでは面接における服装や志望動機についてお伝えします。

面接の服装について

介護現場で働く上で、もっとも大切なのは清潔感です。そのため面接では、清潔感を重視した服装を心がけましょう。大学生や社会人であれば無難にスーツ、高校生であれば制服がおすすめです。

志望動機に力を入れよう

アルバイトであっても、採用側は長く働いてくれる人材を求めています。その点が判断できるのは熱意であり、そこをアピールするのは志望動機です。「介護のバイトを選んだ理由やきっかけ」「介護に対する思い」が具体的に伝えられると、採用担当者に好印象が与えられます。

介護バイトは未経験の方や学生にもおすすめ

今回は介護のアルバイトについて、さまざまな観点からご紹介しました。人手不足の介護業界ではアルバイトの需要も高く、重宝されます。介護の知識や経験を身につけられるため、特に将来的に介護の仕事に就きたい、資格取得を目指しているという方にはおすすめです。心身の余裕を持って介護の仕事をしたいという場合にも、バイトは最適な選択肢の1つといえるでしょう。

新着記事