看護師になるには?社会人・主婦からでも目指す方法や動物看護士など種類についても紹介

看護師はおもに病院で働きますが、美容外科や動物病院など活躍の場はさまざまです。将来性も高く、社会人や主婦から目指したいという方も多いでしょう。今回は看護師になるには何が必要か、既卒からでも目指せるのかなど気になるポイントを紹介します。

看護師になるには?

看護師になるには、国家資格である「看護師資格」の取得が必要です。文部科学省指定の学校、または厚生労働大臣認定の養成所を卒業することで受験資格が得られます。

看護師になるための一般的なルートは、高校卒業後に以下4つのいずれかを卒業することです。

・4年制大学
・3年制短期大学
・専門学校
・看護学校(養成所)

このように看護師になるには、国家試験合格を含み基本的には3〜4年かかることを確認しておきましょう。

2年制では受験資格が得られない

短大や専門学校には、2年制の学科やコースもあります。しかし2年制の修了過程では国家試験の受験資格が得られず、目指せるのは准看護師となります。

最短で看護師になるルートもある

学生の早い段階で看護師になることを目指している場合、最短20歳で国家試験の受験資格が得られる「5年一貫制看護高等学校ルート」も存在します。
つまり高校進学後から、看護師になるための勉強が始められるのです。

最初の3年間は普通教科も合わせた基礎科目、その後2年間で専門科目を履修します。もちろん高校卒業資格も取得できるため、そこから大学や短期大学に進学することも可能です。

しかし学校を変えずそのまま卒業すれば、最短20歳で国家資試験の受験資格が得られます。

准看護師の資格がある場合

准看護師の資格をすでに取得している場合、看護師になるためには3パターンのルートがあります。

学校で2年の過程を修了する

専門学校、または短期大学の全日制で2年の過程を修了することで、受験資格を取得できます。
この場合は働きながらの取得は難しいでしょう。

養成所で3年の過程を修了する

養成所は「昼間」と「夜間」どちらかの定時制で修学できます。そのため働きながら看護師を目指したい方には、このルートがおすすめです。
しかし高校卒業資格が必須であるため、最終学歴が中学卒業資格の方は准看護師として3年以上の実務経験が必要です。

7年の実務経験ののち、通信過程を修了する

准看護師として7年以上の実務経験があれば、2年の通信過程で看護師を目指すことができます。時間はかかっても仕事を続けながら看護師を目指したい場合にはおすすめです。

准看護師になるには?

准看護師になるには、都道府県知事発行の免許を取得しなければいけません。
そのためには中学卒業後に衛生看護科のある高校で3年、または高校卒業後に准看護師養成学校で2年の過程を修了後、准看護師試験に臨み、合格すれば晴れて准看護師として認定されます。

社会人・主婦から看護師になることは可能?

社会人や主婦からでも看護師になることは可能です。
社会人経験を経て転職して看護師を目指す場合、以下2つのルートがあります。

専門学校か短期大学に修学する

最短で看護師を目指すのであれば、3年制の短期大学や専門学校への入学がおすすめです。 専門学校であれば数は少ないものの夜間過程で通うことも可能です。また学校によっては働きながら学習できるケースもあります。
また一旦仕事から離れて学習に専念するのも一つの方法です。

准看護師から看護師を目指す

まずは難易度も低く、働きながら目指しやすい准看護師を目指すのもおすすめです。
看護師になるのを急がないのであれば、准看護師資格取得後に7年以上の実務経験をクリアすることで看護師を目指すことができます。

種類ごとに見る、看護師のなり方

看護師とひとくちにいっても、その種類はさまざまです。ここでは医療機関の看護師と合わせて人気のある美容外科と動物病院の看護師の目指し方も紹介します。

美容外科看護師

美容系クリニックは年々増加傾向にあり、看護職も人気となっています。病院と同じく診察や診療のサポートのほか、美顔器や脱毛器の施術や整形手術の介助など、務めるクリニックによって役割はさまざまです。

美容外科看護師になるには、看護師か准看護師の資格を取得します。また基本的に応募資格は看護師経験1〜2年以上が必要になるケースが多いようです。つまり美容系の特別なスキルよりも、看護師としての基本スキルがあれば問題ありません。

動物看護師

動物病院で働く看護師は、動物看護師と呼ばれます。一般的な看護師とは異なり、動物看護師は動物に対する直接的な医療行為ができません。仕事内容は獣医師や手術の補助、動物のお世話が基本です。

動物看護師は特別な国家資格や免許が必要ないため、基本的には誰でも目指すことができます。しかし動物看護師のレベルを統一するための動きもあり、2011年には「動物看護師統一試験認定機構」が登場しました。
そのほかにも民間団体認定の資格が数存在します。

大学病院の看護師

大学病院の看護師になるための基本的なルートは先述した通り、国家資格を取得することが大前提です。資格取得ののち就職や転職で大学病院を志望し、合格することで晴れて大学病院の看護師として働くことができます。

大学病院は地域病院やクリニックとは異なり、診療科や病床数も多い大規模な病院です。そのため配属される診療科によって、専門的なスキルや知識が身に付く傾向にあります。

看護師になった後のキャリアパス

国家資格を取得し、働く病院が決まればついに看護師としてのキャリアがスタートします。ここに至るまでも大変な道のりですが、本当に大変なのはここからです。
看護師になった後のキャリアパスについてもみていきましょう。

まずは仕事を覚える

まずは病院やクリニック内の仕事を知るために、研修を受けます。
大きな病院であればさまざまな診療科を回るローテーション研修も実施します。

先輩看護師についてそばでサポートしながら、仕事を覚えていくことが第一段階です。いくら豊富な知識があったとしても、それらを現場で発揮できるようにならなければ一人前とは言えません。

一人前になるまで

看護師としての一人前がどのような状態かは病院の規模や教育方針によってもさまざまであるため、明確な定義はありません。
ある例では半年~1年ほどで看護の知識の再確認や技術を取得し、2年目からチームリーダーをしながら色々な患者さまを担当、3年目で病棟リーダーや師長代理業務なども覚え、病棟全体をまとめるスキルも身につけて一人前といえる状態になりました。

つまり全体の業務を完璧にこなすことができるようになり、イレギュラーな対応も1人でできるようになれば一人前といえます。

中堅看護師?管理職へ

同じ病院でキャリアアップしていきたい場合には、主任以上のキャリアを目指すのも1つの選択肢です。
一人前になった後、新人教育や指導も行う中堅看護師を目指していきましょう。その後、多くの看護師を統括する管理職へと進んでいきます。

また目標とするスキルを身につけたのちに、働く場所や専門領域を変更するキャリアパスもよいでしょう。
働きたい場所や目指すスキルに応じて、幅広い選択肢のなかから働く場所を選べるのも看護師のよいところです。

看護師になるためのステップを押さえよう

今回は看護師になるための方法やキャリアパスについてお伝えしました。
看護師になるには時間とお金がかかりますが、年齢は関係ありません。実際に社会人や主婦からでも目指す方は多くいます。

ぜひ強い意志を持って自分に合ったルートで、看護師を目指しましょう。