物の受け渡しは一言添えながら両手で

どんな職場でも、荷物や書類、お金などを手渡したり、反対に受け取ったり、相手の方と物の受け渡しをする機会は多いよね。

何気ない動作だからつい気が緩みがちだけど、渡し方ひとつで相手が受ける印象は大きく変わるもの。

物の受け渡しは両手で行うのが基本。それぞれの場面に応じた一言を添えることも忘れないでね。

ちょっとした動作にも、その人の考え方や気持ち、人となり、品格が表れるから、相手に不快な思いをさせないように普段から意識しよう。

物の受け渡しは一言添えながら両手で

物の受け渡しの仕方

  • ・両手できちんと物を持つ
  • ・ボールペンなど、先の尖っている部分を相手に向けない
  • ・受け取るときはきちんと物を見る
  • ・渡すときは「お受け取りください」「お待たせいたしました」「お返しいたします」などの一言を添える
  • ・受け取るときは「恐れ入ります」「ありがとうございます」「お預かりいたします」などの一言を添える