住みやすさで人気の住宅街、杉並区で介護職を探そう!

荻窪駅前

杉並区は東京23区の西部に位置する行政区です。新宿を始めとしたビジネス街へのアクセスが良く、一人暮らしにも家族世帯にも人気のエリアです。一方、傾斜の少ない地形で古くからの商店街なども多いため、高齢者にとっても生活しやすい地域となっています。年々高齢者人口も増えており、介護職ニーズも高まっています。この記事では、そんな杉並区で勤務する介護職員の現状についてお伝えします。

杉並区ってどんなところ?

高円寺純情商店街

閑静な住宅街と、駅前を中心に飲食店やショップが多く立地する杉並区。都心と違って個性的な個人経営の店が多く、その雰囲気を求めて杉並区まで足を運ぶ方もいらっしゃいます。

区内では、阿佐ヶ谷ジャズストリート、高円寺フェスや屋外アート展など文化的なイベントがたくさん開かれています。女子美術大学 杉並キャンパスも区内にありますし、有名な杉並児童合唱団も、まさに杉並区出身。アニメやドラマの舞台にも多く取り上げられています。

杉並区に見る現在の高齢化の現状は

杉並区には、119,112人の高齢者が住まっています(2019年1月時点)。全人口が569,132人ですから、高齢化率は20.9%となります。

これは全国平均と比較するとかなり低い高齢化率ですが、杉並区が高齢者問題を抱えていないというわけではありません。

2016年に実施した区の調査によると、調査対象となった高齢者のうち2世代家族(65歳以下の方と同居)の世帯が18.4%なのに対し、一人暮らしや、65歳以上のみの世帯は63.5%となっています。
近くに家族がいない、あるいは老々介護であるという理由で、今後介護サービスの利用が必要になるケースが発生することは、想像に難くありません。

高齢者介護施設の数

杉並区には、延べ714の介護施設があります。
具体的には、訪問型介護施設が216、通所型介護施設が182、入所型介護施設が67、老人ホームのような特定施設が36、居宅介護支援施設が154、福祉用具の販売や貸与を行っている施設が34、ショートステイ施設が22となっています。

全国初の取組み

高齢者福祉施設の不足が問題となっている杉並区では、全国初の取組みも行われています。
これは、区域外に特別養護老人ホーム「エクレシア南伊豆」を南伊豆町と共同事業として開設するというもので、平成30年に開設されました。

とはいえ、引き続き区内の介護施設のニーズも高いため、今後も杉並区内では多くの求人が発生するエリアになりそうです。

介護職の平均給料は?

大手求人サイトによると、杉並区の介護職の平均月収は253,000円程度となっています。これは全国の介護職の平均給料より高く、東京都の介護職の中では平均的な金額と言えるでしょう。杉並区には多くの介護求人がありますから、この金額を超える求人も少なくありません。ご自身の経験や資格次第で、高収入を期待できるエリアです。

時期によっては「東京都介護職員就業促進事業」対象の求人がある場合があります。これから介護業界でキャリアを積んでいきたいと考えている方に、働きながら無料で資格習得をすることができる求人です。
資格を得るまでは給与が低かったとしても、無資格の方はチェックしてみると良いかもしれません。

求人サイトに見る介護士の求人情報例

例1)杉並区今川にあるデイサービスでの生活相談員

職種 生活相談員
仕事内容 ご利用者様の生活相談、事務業務、見学対応、営業及び介護業務全般、送迎
給与 月給246,000円~277,800円
交通費別途支給、諸手当含む。昇給制度あり(年1回)、賞与制度あり(年2回)
雇用形態 正社員
勤務時間 8:30~17:30 週5日、日曜定休
応募資格 介護支援専門員資格、社会福祉士資格、介護福祉士資格、社会福祉主事任用資格…のいずれかをお持ちの方
普通自動車免許資格、ハイエース運転できる方
福利厚生 各種社会保険あり(法令通り)、退職金制度、資格取得支援制度他

例2)杉並区高円寺にあるデイサービスセンターでの介護職ヘルパー

職種 介護職ヘルパー(ケアワーカー)
仕事内容 デイサービスセンターでの介護業務、食事・入浴・排泄等の日常生活のお世話、レクリエーションの企画・司会
給与 月給206,760円~283,200円
※各種手当含む(運転手当別途支給)、昇給制度あり、賞与制度あり
雇用形態 正社員
勤務時間 8:00~17:00、8:30~17:30、9:00~18:00のシフト制(週5日/1日8時間)
応募資格 介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護職員基礎研修、ヘルパー2級、ヘルパー1級、介護支援専門員資格、社会福祉士資格、主任介護支援専門員資格、介護福祉士資格 ※いずれかの資格をお持ちの方
福利厚生 各種社会保険あり(法令通り)、資格取得支援制度他

杉並区で介護職員が働くメリット

健康に気を付けるシニア男性

ここからは、杉並区で介護職員が働くメリットをご紹介します。

介護予防や重度化予防に力を入れている

杉並区は、区として介護予防や重度化予防の取り組みに力を入れています。例えば、高齢者への介護予防講演会や教室の開催、自主活動の支援などです。

取り組みの影響もあってか、杉並区に住まう高齢者は健康や介護予防のための意識が高いようです。平成25年の区の調査によると男女とも半数近くが運動・スポーツを心がけており、女性の7割弱が食事に気を使うという結果が出ています。 高齢者が生き生きと元気に暮らす街で働きたいという職員さんも多いのではないでしょうか。

6路線が通る通勤便利な区

杉並区は都心へのアクセスがしやすい場所にあります。中央線沿線なら、新宿や東京まで乗り換えなしでアクセス可能ですし、井の頭線沿線の方は、渋谷まで乗り換えなしでアクセスできます。中央線、総武線、京王線、井の頭線、西武新宿線、丸の内線という主要6路線が通過するため、杉並区のどこに住んでいても、都心に出やすいのがメリットです。

アニメ産業が盛ん

杉並区内には70ほどがのアニメ制作拠点があります。上井草駅前には「機動戦士ガンダム」のモニュメントが飾られていてます。上荻の東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムでは、楽しみながら日本のアニメーション全体を体系づけて学ぶことができたり、アフレコ体験ができることなどで人気のスポットとなっています。

デメリット

車でアクセスしにくい場所がある

南北に環状八号線が通る杉並区。環八から中央道、関越道、東名道へアクセスすることができます。
一方、住宅地は道が狭く、ところどころ一方通行の道路があることから大きな通りに出るまでに困難を感じることがあります。特に大きな車に乗りたい方は、気を付けておきましょう。

住みやすさで人気の住宅街、杉並区で介護職を探そう!

荻窪にある神社

杉並区は介護予防、重度予防が積極的に取り組まれており、高齢化率も全国的に見て比較的低い地域です。また、高齢者が社会と関わりながら、必要な介護を受けることを目標とした福祉的な取組みがなされています。

時期によっては、東京都の「介護職員就業促進事業」対象の求人もありますから、今資格がなくて、介護職に関心があるという方も、ぜひ杉並区で介護職の求人を探してみてください。