介護職に「将来性がある」と言える3つの理由!取り巻く環境や、待遇も解説

介護は将来性のある仕事です。日本は世界に類を見ない超高齢化社会で、2060年には人口の約40%が高齢者になると予測されていることから、介護の領域は医療の中でも特に成長を期待されている分野なのです。

まだまだハードで大変だ、というイメージが強い介護職。この記事では、介護職の需要や待遇、将来性について解説していきます。

介護を取り巻く環境について

介護の需要は、今後ますます高くなっていくでしょう。日本は超高齢化社会である上に、少子化が問題となっているからです。ここでは介護を取り巻く環境について、3点紹介していきます。

介護は今後も増え続ける

要介護者は、今後も増え続けていくと予測されています。社会保障審議会の『介護分野の最近の動向』によれば、要介護率が高くなる75歳以上の人口は、2055年には25%を超えます。要介護者が増えれば、それだけ介護をする人も必要になります。したがって、介護のニーズはこれからも高まり続けるでしょう。

一方で、日本の総人口は減っていきます。内閣府のデータによれば、2048年には1億人を割り込み、2060年には8,674万人まで減少すると言われています。要介護者が増える一方で、人手不足に陥ってしまうことが、介護の課題と言えるでしょう。

人手不足が深刻

介護業界は、人材不足に悩まされています。経済産業省の試算によると、2035年には約79万人の介護人材が不足されると言われています。2015年では4万人でしたので、いかに介護の分野が人材不足とされているかが分かるでしょう。実際に、現在でも66%の介護施設で人手不足が問題となっています。

人手不足の原因はさまざまです。もっとも多い原因は、給料の低さでしょう。『会社四季報 業界地図』2018年版では、あらゆる分野の中で、介護職の年収が2年連続で最下位でした。ただし、給料については施設や企業などで大きく異なるため、実際の求人をチェックすることをおすすめします。また、給料については国による処遇改善が準備されています。

国の対策が手厚い

高齢化社会や人手不足を踏まえて、国はさまざまな取組をおこなっています。たとえば厚生労働省は、勤続10年を超える介護福祉士に対して、月額8万円の給料アップを計画しています。

また、働き方改革によって業務内容が見直されたり、ペーパーレス化が進められたりと、介護職の仕事も変わりつつあります。今後の状況を考えると、さらに待遇や環境は改善されていくことでしょう。

介護士の待遇って?

ここでは、介護士の待遇について、4つの側面から解説していきます。4つの側面は、以下のとおりです。

・介護士の給料
・介護士の勤務時間
・キャリアアップ

それぞれ説明していきます。

介護士の給料

介護士の給料は、さまざまな分野の中でもかなり低いほうだと紹介しました。しかし、実際は上がりつつあります。2017年の『会社四季報 業界地図』では361万円でしたが、2018年には395万円になっています。

厚生労働省による月8万円の処遇改善が実現されれば、この数字はさらに高くなることでしょう。また、給料は施設や企業によって大きく変わります。「安いから」といって介護の仕事を諦めてしまわないことをおすすめします。

介護士の勤務時間

介護士の勤務時間は融通が利きやすくなっています。早番・日勤・遅番・夜勤とシフトには4種類あり、自分のライフスタイルに合わせて変えることができます。デイサービスや訪問介護など仕事内容によって違いますので、介護士を目指す場合は求人の内容をチェックしましょう。

仕事の内容によっては、子育てと両立することもできるでしょう。たとえば、病院や介護施設では夜勤がありますが、デイサービスでは18時までで終わるところもあります。子どもを保育園に預けてから仕事をし、終わってから迎えに行くことも十分可能です。

キャリアアップ

介護は、将来の選択肢が多い仕事でもあります。働きながら資格を取って、社会福祉士などのキャリアアップにつなげる方も多いです。ただし、資格の中には、ケアマネージャーのように実務経験が必要なものもあります。何年か実務経験を積まないと資格取得ができないようになっていますので、注意してください。

福祉系・医療系の仕事では、ほとんどの場合、職場に資格支援制度があります。資格の試験代などを、会社側が援助してくれるという制度です。資格支援制度を使ってキャリアアップを目指せば、経済的にも楽になります。資格支援制度があるかどうかは、念のため求人をチェックするのがいいでしょう。

介護の将来性

介護の将来性は、これからさらなる見直しが期待されます。上で書いたように、人手不足が深刻で、国にとっても喫緊の問題だからです。ここでは介護の将来性について、さまざまな角度から解説していきます。

今後も処遇改善が期待される

介護は、今後も処遇改善が期待されるでしょう。2019年の10月から、勤続10年を超える社会福祉士は月額8万円給料がアップします。また、年収440万円を超える社会福祉士が事業所内に一人以上いなければならないというルールも設けられます。

介護士の仕事が「きつい」と言われる理由のひとつは、人手不足による仕事の多さでしょう。今回の処遇改善によってそれらが改善されれば、介護の将来はさらに明るいものになるはずです。また、「働き方改革」によって、仕事の見直しや細分化が進められています。介護の現場が働きやすいものになる未来は、そう遠くないでしょう。

女性が活躍できる

現在、女性の社会進出が増えています。2018年には、女性の就業者数は過去最高を記録しました。これからの時代、女性も子育てをしながら仕事をするというのは、当たり前になっていきます。

介護は、子育てとの両立がしやすい仕事です。夜勤などがあると不規則になってしまいがちですが、デイサービスは日中だけで、日曜日も休みです。仕事内容も、食事の準備や掃除など、ふだんの家事を役立てることができます。女性が活躍できる場として介護にスポットライトが浴びるのは、間違いないでしょう。

増えるニーズ

近年、さまざまな企業が介護の分野に進出しています。たとえばローソンでは、コンビニ内に介護の相談窓口とサロンを併設する『ケアローソン』という新しい試みを発表しました。また、高齢者向けに食事や生活用品を宅配サービスなども、増えてきています。

介護を取り巻く環境は、この先もどんどん変わっていくでしょう。「きつい、大変」といわれやすい介護の仕事ですが、将来、イメージががらっと変化する可能性もあります。介護の仕事を経験し、知識や資格を習得すれば、新しい世界にキャリアアップすることもできるでしょう。

まとめ

介護は将来性のある仕事です。介護士の需要は、2000年に制度ができて以来、上昇し続けています。今後、さらなる処遇改善も期待され、イメージの払拭や働き方改革も進んでいくでしょう。

今のうちに介護の仕事を通して知識と経験を得ることは、将来において正しい選択です。もし興味がある場合は、実際の求人内容を見てみましょう。求人によって仕事内容や待遇が大きく変わるからです。ソラジョブでは、たくさんの求人をチェックすることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

介護職の求人をチェックする

新着記事