介護の仕事内容!役職や施設ごとに業務の違いを解説

さまざまな役職や勤務先のある介護職。その仕事内容は、それぞれの役職や働く施設によっても違いがあります。本記事では、これから介護職を目指す方や、介護業界で新たなキャリアを目指す方のため、介護職の仕事内容について詳しく解説します。

介護の仕事内容

介護の仕事は、日常生活に対して何か支障が起こる、または起こり得る方に対して、生活援助や身体介助などのさまざまなサポートをおこないます。しかし、どんな業務を重点的におこなうか、何を目的に介護をおこなうかは、役職や勤務先によってさまざまです。

介護役職ごとの仕事内容

介護職には主に次のような役職があります。それぞれの仕事内容や必要な資格について、これから解説していきます。

・介護助手職
・介護士(ヘルパー)
・介護福祉士(ケアワーカー)
・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・生活相談員(ソーシャルワーカー)
・サービス提供責任者(サ責)

介護助手職

無資格でも始められる介護助手職は、有資格者の介護職員をサポートする役割を担います。資格を持たない介護助手職は、要介護者の身体に直接触れる介護はできませんが、食事の配膳や清掃など家事全般のお手伝いをして要介護者や他の介護職員を支えます。

介護士(ヘルパー)

介護士の仕事内容は職場によっても異なりますが、要介護者の身体介助が主になります。他にも炊事や清掃などの家事全般の手伝いやレクリエーションの実施、介護に関わる相談やアドバイスを受けるなど、業務は幅広いです。

まずはヘルパーとして介護業界に入り、それぞれどの業務が自分に合っているかによって、次のキャリアや取得していく資格を決めてみても良いでしょう。なお、介護士は資格なしで始めることができますが、要介護者の身体に触れる介護は有資格者のみがおこなえます。

介護福祉士(ケアワーカー)

介護福祉士は、現時点で介護福祉系資格の中で唯一の国家資格が必要であり、国に認められた介護職としての信頼も厚くなります。基本的な仕事内容は介護士と同じですが、介護福祉士はこれらに加え、現場で働く介護士を管理・指導するリーダー的役割も担っています。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員は、介護事業者と要介護者の間で連絡調整を行いながら、一人ひとりに合ったケアプランの作成、実施状況の確認をおこないます。また、そのために要介護者やその家族からの相談を受けるのも仕事です。

介護支援専門員になるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、介護支援専門員実務研修の課程を修了し、介護支援専門員証の交付を受ける必要があります。

生活相談員(ソーシャルワーカー)

生活相談員は、要介護者やその家族からの相談にのったり、施設入居希望者からの窓口として説明や手続きをしたりします。また、介護老人保健施設やデイケアでは支援相談員と呼ばれます。

生活相談員になるには、一般的に社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかが必要ですが、自治体によってはこれらの資格がなくても認められるところもあります。

サービス提供責任者(サ責)

サービス提供責任者は、要介護者が訪問介護サービスを受けるための手続きや、生活に関わる問題を聞き取るための面談、訪問介護計画書の作成など、要介護者やその家族が質の高い訪問介護サービスを受けられるようにサポートします。

サービス提供責任者になるためには、介護福祉士や実務者研修修了者、旧課程のホームヘルパー1級課程修了者のいずれかの要件を満たしている必要があります。

勤務先別の仕事内容

有料老人ホーム

有料老人ホームは、民間企業が運営をしており、日常生活に必要な介護サービスを利用者一人ひとりに合わせて提供しています。宿泊型の施設もあり、施設によっては夜勤が含まれる場合も。他の施設と比べると、介護度が比較的軽度な方が多いです。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。介護度の高い利用者が多く、仕事をするには相応の介護スキルが求められます。利用者の日々の状況をご家族にお伝えしたり、情報を聞き出してコミュニケーションに活かしたりもします。

介護老人保健施設

通称老健と呼ばれ、医師の管理の下で利用者の自立支援や在宅復帰を目指します。機能回復にも重きを置いており、生活援助や身体介助のほか、リハビリテーションも重要な仕事です。

デイサービス

デイサービス施設は、介護度の低い高齢者が自宅から通い、介護サービスを受けに来ます。食事やリハビリテーション、レクリエーションなどを提供し、利用者やその家族の負担を減らし、生活を活性化させることを目指す施設です。

訪問介護

要介護者の自宅を訪問し、さまざまな介護サービスを提供します。炊事や洗濯など、利用者一人では難しくなってしまった家事全般、食事や入浴などの身体介助も仕事です。介護士は利用者の状態や実際におこなった業務を記録してケアマネージャーに報告します。

医療施設

患者に対して医師が治療を施す医療機関。患者の治療、回復を目的に、介護職は入院患者の生活援助や身体介助をおこないます。看護師や医師をサポートすることも業務のうちです。介護施設で働くのと違い、医療に関わる機会が多くなります

介護職員の一日のスケジュール例

下記の表は、介護施設で働く介護職員の1日のスケジュール例です。特別養護老人ホームや介護老人保健施設など介護保険の施設サービスでは、1日の大半が介護やリハビリテーションに費やされます。

9:00 出勤・引き継ぎ
9:30~11:00 見守り・各種介助(入浴、排せつなど)
11:30~13:00 昼食準備・食事介助
13:30~16:30 各種介助(入浴、排せつなど)
レクリエーションの実施・報告書作成
16:30~17:30 夕食準備・食事介助
18:00 申し送り・退勤

介護士になるためには?資格の有無について

資格がなくても介護士になれますが、資格を持っていた方がよりなりやすいです。介護の仕事では、身体介助など有資格者でなければできない業務も多々あります。介護士になるために有利になる資格としては、次の4つが良く挙げられます。

実務経験 取得までの期間 難易度
介護職員初任者研修 必要なし 約1~4ヶ月 入門向け
介護職員実務者研修 必要なし 約6ヶ月 易しい
介護福祉士 必要あり 約1~3年 難しい
ケアマネージャー 必要あり 約5年 難しい

さまざまな仕事がある介護の仕事!興味や希望に合わせて選ぼう

役職や勤務先によって、さまざまな仕事がある介護の仕事。介護度が低い利用者が多いデイサービスからはじめてスキルを磨いていくなど、自分に合ったキャリアプランを選べます。介護の仕事に興味がある人は、役職や施設ごとの仕事内容を確認して、自分に合った介護職の仕事に挑戦してみてくださいね。

関連キーワード

施設での介護スタッフ(ケアワーカー)に関するQ&A

ケアワーカーの仕事内容とは?

ケアワーカーの仕事内容は、高齢者や障がい者の身体介護から生活援助、精神面のサポートと多岐にわたります。ケアワーカーとは資格の有無にかかわらず介護従事者を総合して指します。資格がないケアワーカーは利用者に直接触れる身体介護ができないなど仕事に制限があります。利用者の介護度や働く施設、役職によってケアワーカーの具体的な仕事内容はさまざまです。たとえばグループホームのような入所型、かつ介護度の重い利用者が多い施設であれば、身体介護が主な仕事であり、夜勤も必要となります。ケアワーカーの仕事内容をより具体的に知るには、勤務する施設や事業所の特徴を押さえることがポイントです。

ケアワーカーのキャリアアップについて

ケアワーカーのキャリアアップは、現時点での資格の有無や種類により目指す方向が決まります。無資格のケアワーカーの場合、初任者研修や実務者研修の資格取得が第1ステップになることが多いでしょう。すでに基本の介護資格を持っている場合は、上位資格である介護福祉士や社会福祉士、ケアマネージャーの資格を取得を目指してみましょう。十分な現場経験や資格がある場合には、施設長や事業所長、管理者などの責任ある立場にキャリアップするのも1つの方法です。ケアワーカーの経験を活かし、看護師や機能訓練指導員に値する国家資格など、より専門的な分野にキャリアアップするのも良いでしょう。

ケアワーカーの給料について

厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、令和2年のケアワーカーの平均年収です。ケアワーカーの給料は資格有無や保有資格、勤務先や勤続年数によっても大きく変動します。たとえば保有資格別で比較すると、国家資格である介護福祉士は32.9万円、実務者研修・初任者研修で約30万円、資格なしで27.5万円です。また職場別にみると介護度の高い利用者が多く、相応の介護スキルを求められる特別養護老人ホームは最も高い給料相場となり、施設規模や小さくなったり利用者の介護度が低くなるにつれて給料相場も下がる傾向にあります。

介護職で正社員になるにはどうすればいい?

介護業界では年齢や学歴よりも、実務経験年数や取得資格が重視される傾向にあります。そのため実務経験を積む、または資格を取得すると正社員として採用されやすくなります。利用者に触れる身体介護など資格を持っていないとできない介護業務も多々あるため、実務経験と並行して早い段階で資格取得を目指すことをおすすめします。未経験・無資格からでも求人があり、長く働き続けられる介護業界のメリットを十分に活かし準備を始めましょう。

ケアワーカーの悩みってどんなものがあるの?

ケアワーカーの悩みで多いのが、職場での人間関係です。介護業界ではさまざまな職種や年齢の職員が働いています。そのため意見の対立が起こり、人間関係に悩みを持ちやすい環境です。また利用者やそのご家族との関係に悩みを持つ職員も少なくありません。さらによくみられる悩みとして、健康・体力面の負荷が挙げられます。身体介護は足腰や腕への負担が大きく、自身へのケアを怠ると業務に支障をきたしてしまうこともあります。ケアワーカーには、休日は自分の心身を労りしっかり休むこと、人の言動にあまり振り回されない冷静さを持って働くことが必要とされます。

介護業界の就職先の選び方ってあるの?

介護業界は就職先の選択肢が幅広く、施設や事業所によってさまざまな働き方ができることが特徴です。就職先を選ぶにあたっては、候補となる施設や事業所を見学しておきましょう。自身が共感できる理念や方針なのか、自分に合った働き方ができる規模や仕事内容か、キャリアアップのための研修や育成環境が整っているかといった点を確認します。自分に合った条件の求人を見逃さないためにも、多くの求人情報をチェックし、就職先を選んでください。